2005年11月10日

噂話が・・・

あいつは子供からの電話で帰って行った・・・

まあ当然の事だろうけど・・・

私は悲しくてしばらく落ち込んでいた

子供からの呼び出しで帰る

あいつが憎かった・・・

やっぱりやきもちなのかなぁ〜〜

なんて思った



そんなあいつが私と

駆け落ちなんて出来るのか??

子供の電話で慌てて帰るあいつ

駆け落ちなんて

出来るはずがないだろう!!

いや



出来ない!!に決まってる


私は・・・


私はやっぱり一人になってしまうんだ・・・


子供と離れ離れになってしまう・・・


やっぱりバチが当たってしまうんだ・・・


という恐怖に怯えていた



でも今ならまだ離婚届は手元にある

出さずにいたらこのまま旦那の元に

帰る事が出来るんじゃないか・・・

なんて事が頭の中をよぎった


バカな・・・


そんな事今さらできるはずもない

私は決心したんだ・・・

やっぱりあいつと一緒にいたい

気持ちは変える事は出来ない

あいつの事を信じよう

私は信じる事しかできない

そう自分自身に言い聞かせていたのだった


何日かたってもやっぱり奥さんは納得はしなくて

私とあいつ

それぞれの家庭で生活していた

いつまでこんな事が続くのだろう・・・

噂もドンドン広がっていた

ある日私の町内の友達から



ドキッexclamation×2



とするような事を言われたのだ

スパイの友達と二人で内職の仕事を

している場所に友達が来て言ったのだ




rikoちゃんいい??




あのね・・・すごい事聞いたんだけど・・・




○○さんの旦那さんとrikoちゃんが




浮気してる!!って




そんな事ウソだよね???






私は内職をしていた手が止まった・・・






震えてる・・・







どうしよう・・・








そんな事はないよ〜〜







と笑って言わなきゃおかしいと思われるよ







言わなきゃ・・・








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









言えない・・・・・










私は友達からいきなり本当の事を

言われて声が出なかったたらーっ(汗)

黙っていたらすぐにスパイの友達が



そんな事ある訳ないじゃん!!




誰がそんな事言ってたの??




と言ってくれた



うん ○○さんのとこの子供が言ってたらしく




家の子供が聞いてきたのよ・・・




そんな子供の言う事なんて




冗談に決まってるんじゃないの??




ね〜〜〜rikoちゃん!!




う・う・うんたらーっ(汗)




私は返事をするのが精一杯だった

震えが止まらなく 

その震えをおさえるのに必死だった

友達は




rikoちゃんがそんな事する訳ないよね




どうせ○○さんの奥さん変わってるから




あの奥さんの嫌がらせなのよ!!





そうなのよ!!



私は本当の意味でたくさん



嫌がらせされてきたんだから・・・



そう言いたかった

でもそんな事は言えない・・・



rikoちゃん気にしないで!!




変な事言ってごめんね




と言って帰って行った

おかしいものだ

真実は私が浮気していて噂が本当の事なのに

あいつの奥さんがあんな人だから

私の友達はみんな奥さんの言う事が

ウソだと思っていたのだ

誰も奥さんの事を信じていなかった

ウソをついている私の方を信じていたのだ

あんな奥さんだからこんな事になっても

味方についてくれる人がいなかったのだ

私にしたら






ざまーみろ!!








と言いたいとこなんだけど・・・

噂が広まってるのは事実だ・・・

しかも家の町内まで・・・

なんとかしなくては・・・

と焦っていたのだった


posted by riko at 15:27 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月31日

私VS奥さん

奥さんの自宅に電話した・・・




私はとうとうその扉を



自分から開いたのだ







ルルルルルル・・・・・










すぐにはでてこなかったたらーっ(汗)












ルルルルルル・・・・・・














私の心臓の鼓動はすごい事になっていた爆弾




もしもし





と奥さんが出てきた




もしもし!○○ですけど・・・




ちょっと話したい事があるんですけど・・・





なんですか??





奥さんもビックリしていたに違いない・・・





○○さんね!!!




私とお宅の旦那さんが浮気していたのは




間違いないけど




もう私達は別れたんだって!!!




奥さんにあんな嫌がらせされて




私も散々な目にあったわ




二人はもう関係ないから




これ以上嫌がらせはやめてくれないちっ(怒った顔)




私は密告電話の真相を聞こうと思っていたのに

緊張していたのかいきなり




お宅の旦那さんと浮気してました!!!




なんて言ってしまったのだ・・・





そうすると



散々な目ですって!!




どっちが散々な目なの!!




こっちの方が散々だわよむかっ(怒り)




確かにごもっともだ


それでも私は止まらず言ってやったのだ



だから二人はもう別れたんだから




もう私に嫌がらせを




するのはやめてくれない!!




って言ってるのよ




それと近所の人にまだそんな噂を




振りまくのはどうかと思うけど・・・




そんな事してたら旦那さんが




帰ってきたくても帰るのが




イヤになるんじゃないの??




ちゃんと旦那さんに




やさしくしてあげてよ!!!






なんで私が奥さんに


旦那さんにやさしくしてあげて!!!


なんて言わなきゃいけないんだろ!!!


おかしい話だ・・・


奥さんは




そんな事言われなくても




ちゃんとするわよ!!




あなたこそ人の家庭をかき回して




今さらなによ!!!!






奥さんも私もヒートアップしてる




私は一言




それは謝るわ・・・




その事は本当に悪かったと私も認めるわ




すみませんでした・・・





私は奥さんに対して謝ったふらふら




だからこれからはお互いに家庭の事を




ちゃんとしましょう




もうお互いにかまうのは




やめましょう!!




そうね!!




あなたと旦那が別れたと言うなら




これ以上かまいたくもないわ




わかったわ





私もこれ以上 噂が広まると




ここにはいられなくなるわ




近所への噂や私に対しての




嫌がらせもやめて!!




旦那さんの事見てあげて・・・






密告電話の話は一体どこに行ってしまったのか・・・



何回も何回も二人は


同じ事を繰り返し言ってた








嫌がらせをやめて!!



二人は別れた!!



家庭をめちゃめちゃにしたの誰!!!





この文句が何回もでてくるのだ・・・

同じ事の繰り返しで私もうんざりきてた




奥さんがこれからちゃんとするなら




私もこれ以上何も言わないわ




それでも旦那さんが私の方に




向いてくるんだったら仕方がないわね!!




奥さんが振りまいた




噂のせいで私が家を追い出されて




お宅の旦那さんが




追いかけてきてもしらないからねパンチ




とまたまた私は



奥さんがヒートアップするような事を言ったのだ



そしたら奥さんは





































なんと




















そうなったらそうなったで





旦那にノシをつけて





くれてやるわダッシュ(走り出すさま)





と言ったのだ
















おもしろいじゃないかるんるん


















そうなったらノシでもつけて頂こうじゃないか!!!




















それも上等のノシをつけてぴかぴか(新しい)




















頂こうじゃないか!!!!

















と私は心の中で思っていたのだった
posted by riko at 15:05 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月27日

密告電話・・・その2

誰かが私の家に



密告電話をかけてきた!!!



一体 誰なのよ!!!



旦那は黙ってその密告電話を聞いていた

電話の内容は



奥さんが浮気してます




はい!!その通りです





しかも近所の人です




それも当たってる





お願いですから○○さんの旦那さんと



奥さんを別れさせて下さい



そんな事言われても・・・





奥さんは心労がたまって



寝たきりになってる・・・



ウソだろ〜〜〜



寝たきりになんて



なってないだろ〜〜が!!!



そんな内容だった・・・

まだまだたくさん文句を言われたが

旦那は一言




どちら様ですか??





と聞いた

相手の人は




名乗る程の者ではありません・・・




と言った

私はその声を聞いて奥さんではなく

別の人だと確信したひらめき

それでもこんな電話をかけてきて




名乗る程の者じゃない??





ふざけんなよ!!





なんて都合がいいんだ!!!







名前を言えよ!!!







と私は2階で電話を聞きながら怒り狂っていた

旦那はそのまま相手の話を聞くだけ聞いて

電話を切った・・・

それから私の所にきたのだ



今 電話かかってきたぞ!!





あいつとおまえが浮気してる!!って





家にまで電話がかかてくるように





なってきたんだぞ!!





どうするつもりだ!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・




何も言えない私・・・・・・・





電話の相手は誰だったの??






そう言うのが精一杯だった




誰かわからないよ・・・





もう噂も広がってるし





どうするつもりか





よく考えろ!!!





と言われた


どうするつもりって・・・


私もわかんないよ・・・


どうしたらいいのかわからなくなっていた

密告電話のせいで私は

怒りと恐怖に入り乱れていたのが

正直な気持ちだった・・・







次の日にスパイの友達に密告電話の話をした

奥さんはすぐに友達にこう言ったらしい・・・




あの女の家に密告電話をしてやったわ





これで痛い思いをすればいいわ!!





旦那さんにもばれたから





あの女もあの家を追い出されるわ





と・・・・

奥さんは自分で電話するのがイヤだったらしく

奥さんの親戚の叔母さんに頼んで

電話をかけたのだ





セコイ!!セコすぎる!!!







自分で電話してこいパンチ









妻なら正々堂々と向かってこいよちっ(怒った顔)













奥さんは勝ち誇ったように友達に話をしたのだ




何 言ってんだよ!!










勝負はまだまだこれからだぜパンチ











私は




売られたケンカは











いくらでも










買ってやろうじゃない!!















友達からその話を聞き私は奥さんに対して








カマをかけて聞き出してやろう!!





と試みる事にしたのだった
posted by riko at 15:29 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月26日

密告電話・・・その1

奥さんにはあいつと私は別れた事になっていた

当然 別れた事になっているので

会う事も出来ない・・・

電話でコソコソする毎日だった

奥さんは二人が本当に別れたと思っていたが

本当はどうなのか??と疑っていた

あいつが家に帰ってきても

素っ気ない態度なので奥さんはイライラきてた

そうなるとまたまた奥さんの逆襲が始まる・・・



あいつの事を攻める


なじる・・・


奥さんの攻撃があいつを直撃する


まるで虐待のよう・・・


事態は悪化する一方だった

奥さんもあいかわらず家の事をしないで

近所の人に噂を振りまいていた

しかも自分の家の恥ずかしい不始末をさも


自分は悪くない!!


と言うように噂話にハナを咲かせていたのだった


オメデタイ人だ・・・


私もいい加減 奥さんにはホトホト

疲れきっていた

何を言っても聞かない奥さんだから

もう開き直るしかないと思っていた




ある日私が自宅の2階にいて

旦那も家にいた時に自宅の電話がなった

旦那が下の部屋でその電話をとったのだ・・・

家は親子電話だったので2階で私が

電話をとっても話は聞こえるのだ




もしもし!!





と旦那が電話をとったのと同時くらいに

私も2階で電話をとったのだ




その電話が密告電話とも知らず・・・





旦那が電話をとったら

相手の人が




もしもし・・




○○さんですか??




実はお話したい事がありまして・・・




お宅のお嫁さんが隣の町の




○○さんの旦那さんと浮気してるのを




ご存知ですか??










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











誰??一体誰だよ〜〜〜!!











ふざけんな〜〜













名を名乗れ〜〜〜












私は2階でその電話を聞いてかたまっていたのだった

posted by riko at 14:54 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月14日

人目を気にする日々・・・

旦那とあいつが会ってから

旦那はすごく優しくなっていた




離婚の話は???





一体どこにいってしまったのだろう???




あれ以来 一言も離婚の話を言ってこない旦那・・・

私も何も言わない・・・

そんな日々が続いていた

そうなると私のあいつ




会いたい揺れるハート





という病気がまたまたでてきた

あいつも旦那に一言 言った事で

悪びれる事もなく 私に



会いたい揺れるハート




と当然のように言ってきた

二人はあいかわらず 密会を重ねていたのだかわいい




懲りない二人だ・・・たらーっ(汗)





結局 旦那は見て見ぬふりをして

二人の関係を認めたのだ




でも離婚はしたくない!!





と思いながら黙って耐えていたのだ・・・

私は黙っている旦那がある意味恐かった・・・

いつまた爆発するかと思うと密会していても

生きた心地がしなかった

それでもオンナ・・・

好きなあいつに呼び出されては

ホイホイるんるんと会いに行っていたのだ

あいつ




早くrikoと一緒になりたい





離婚する・・・





と言ってた・・・

私は



どうしょう・・・



やっぱり・・・



恐いよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)



私は離婚という行動に出れなくて

どうしたらいいのか怯えていた



離婚って簡単に言うけど



そんなに簡単じゃないよ・・・



その頃 あの奥さんがまた問題を起こしたのだった




あいつの奥さんが近所の仲の良い友達に




家の旦那 浮気してるらしいのよ〜〜




しかも相手は○○さんなのよ!!!




と言いふらしていたのだった



やっぱり恐ろしい奥さんだ・・・




当然 噂は火のように回っていった

私の友達もそれを聞いてすぐに奥さんに抗議しにいった



旦那の浮気をよその人に言うなんて




それはおかしいんじゃないの???





そうだ!!そうだ!!





そんな事したら旦那さんの




立場がないんじゃない!!!




近所でそんな噂が回ったら




なお更 旦那さん帰ってくるのが




イヤになるんじゃない




帰ってくる場所を作ってあげなきゃ




旦那さんかわいそうだよ




離婚するのがイヤなら腰をすえて




家に帰って来るようにするのが




妻の役目じゃないの???




戻ってきて欲しいなら




相手の女より




もっとやさしくしてあげれば??




そしたら きっと奥さんの方に




向いてくれるんじゃないの!!





さすがだ!!!





友達の言う事はごもっともだと私は関心した

奥さんは友達に言われた事が

当たってるだけに何も言えなかったらしい

それでも奥さんは認めたくなくて




あいつの浮気がすべて悪い!!




あの女も悪い!!




私は悪い事を何一つしてない!!




と言ったのだ

あいつが浮気した原因は

奥さんの事もあったのに




私は全然悪くない!!




全部 あの女が悪い!!




私の事を責めていたのだ



確かに浮気はよくない事だよ・・・




でも奥さんのあいつに対する態度や

行動が積もり積もってあいつ

浮気に走っってしまったのが現実だ



奥さんは自分の事をわかっていなかった



奥さんの怒りはおさまらなかった



浮気の話はどんどん広まり

私は外に出るのも人目が

気になるようになってきたのだった

posted by riko at 17:01 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月13日

あいつVS旦那

あいつと旦那が会う事になった

狭い町なので どこで誰が見てるかわからないので

二人は市街地まで足を運んで会う事にしたのだ



あいつの方が先に来ていた



旦那が後から来る・・・



すごい光景だよ・・・



旦那が一言・・・




どうするつもりだ!!!





と吐き捨てるようにあいつに言った

あいつは一言・・・





俺は嫁さんと離婚して





rikoと一緒になるつもりだ!!!





すっ








すっ
















すごい事を旦那に言ったのだ!!!



浮気相手の旦那に



あんたの嫁さんと一緒になりたい!!!



と言ったのだ・・・



あいつは本気で私と一緒になりたいと

旦那に訴えたのだ

あいつの気持ちは本当だった・・・




私とは単なる浮気じゃなくて



本当に一緒になりたいと思っていたのだ



私はあいつが旦那に言ってくれた事が

嬉しかったし 本当に一緒になれたら・・・

と心のどこかで考えてたのだ

本当に狂っているとしか言いようがない・・・


旦那はあいつ



私と一緒になりたい!!!





と言われて何も言えなかった・・・

というか あっけにとられていたのかもしれない・・・

旦那はまさかあいつがそんな事言ってくるなんて

思ってもみなかったので



旦那自身のプライドが切り裂かれた



旦那としての立場が崩れ落ちた



黙っているのが旦那のプライド・・・



何も言わずそのまま帰ってきたのだ

旦那は帰ってきてから何も言わなかった

私も何も聞かなかった

それから旦那は私に対して妙に優しくなり

開き直ったようだった

私も普通にしていた

どこからみても浮気がばれた夫婦には見えない・・・

普通の夫婦になっていた
posted by riko at 16:25 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月11日

離婚の話合い・・・

離婚exclamation×2





旦那が離婚しようって言ってきた・・・



なんて私は答えたらいいんだろう・・・



黙っていた・・・



旦那も何も言わない・・・



旦那は私に離婚しよう!!と言えば

私があいつと別れると思いカマをかけてきたのだ

そのまま旦那は何も言わず怒って寝てしまった・・・

私は旦那がいなくなった部屋で一人 考えてた



離婚かあいつと別れるか・・・




涙があふれる程出てきた・・・



涙が止まらない・・・



おさえようと思っても



次から次と涙は出てくる



私の涙が止まらない理由は



離婚より



あいつとは別れたくなかったから



泣いていたのだった・・・



本当にバカな話だ・・・



次の日 子供が学校に行ってから旦那と二人の話し合いになった

旦那は




相手が誰なのか言ってみろ!!





と言ってきた

どうせプライドの高い旦那だから

あいつに会う事なんてしないと私は思っていた

ここまできたらウソついていても仕方がないと思い

私は正直にあいつの名前を言った




なんて事してくれたんだむかっ(怒り)





自分のしてる事を分かってるのかexclamation×2





分かってるよ・・・



でも気持ちがもうあっちにいってるんだよ・・・



と私は心の中で言っていた




あいつのどこがいいんだ





そんな事聞いてどうするんだよ



言ってもいいの??





黙っていたら




言ってみろどんっ(衝撃)





と今までになく怒ってきた




なんでも言葉に出して褒めてくれるとこよ




あなたと一緒にいても




今まで何か褒めてくれた事があるむかっ(怒り)




御飯を作って おいしくても何も言わなくて




味がおかしい時しか文句を言わない人でしょ




私は逆切れしていた




旦那はやはりプライドが許さず私からそう言われ黙っていた




わかったよ・・・




これから俺も気をつけるようにするよ




で、で、で、離婚の話はどうなったの???





旦那は離婚の話はそれっきり出してこなかった


やっぱりカマをかけてきたんだ



あいつの名前まで聞き出して



私はいらだっていた

旦那は




あいつの電話番号教えろ!!





と言ってきた




なんで???




電話してどうするつもりか話をする




いいから教えろ




どうしょう!!





それでも

私は旦那よりあいつの方を頼っていたのだ

あいつならちゃんと話をしてくれると思い

旦那にあいつの電話番号を教えたのだった
posted by riko at 15:20 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月09日

昼間のデート・・・

二人で1日中一緒にいたい・・・

そう思って私とあいつは休みの日に会う事にした

日曜日の朝からデートするという訳だ



ぴかぴか(新しい)嬉しいぴかぴか(新しい)





あいつは奥さんに疑われながら 出張に行くと行って出てきた

奥さんは




今まで出張なんて一度もなかったのに




なんの出張なのよパンチ




女と会うのかちっ(怒った顔)




と言われたらしい



まさにストライクゾーンだ・・・




それでも私に会う為に無理矢理出てきた

私は実家が県外なので

旦那と親には




実家で同窓会があるから行って来ます・・・





とみえみえなウソを言って出てきた

旦那は




男と会うんじゃないのか??





と私もあいつと同じく



ストライクゾーンをつかれた





本当に同窓会よ





何でも理由をつけるとわざとらしいので

それ以上何も言わずに出てきた

旦那はその日は日勤の仕事だったので旦那が出て行ってから

私もすぐに家を出た

高速のインターの駐車場で待ち合わせして

私の車で私の県外の実家の方に向かった

今日1日あいつとずっと一緒にいられるかと

思うと嬉しくて嬉しくてたまらなかった

昔 旦那と出会った時も


こんな気持ちだったんだろうな・・・



結婚してまたこんな気持ちになるなんて



恋する気持ちって忘れていた・・・



でもこれっていけない事だよね・・・



いけない事だからやめなきゃいけないのに

私はあいつ


恋する気持ちを再び私に与えてくれた



とプラス思考に考えてた

やっぱりあの時は

頭がおかしくなっていたのかもしれない・・・


車の中で会話も弾む

知り合いの誰にも会わない県外に行って

買物しながらブラブラした



腕を組んだり 



手をつないだり 



プリクラなんか撮って



いい年の二人が恋人同士のように



はしゃいでいた



それでも時間なんてすぐに過ぎてしまった・・・

帰る時間が段々迫ってきた

あいつはそのままホテルに入った・・・




二人はまた肌を重ねた・・・





もう帰らなきゃ・・・




旦那が帰ってくるまでに家に帰らないと・・・




恐いよ・・・




そう言っていたらあいつの電話がなった

奥さんだ・・・




まだ帰ってこないのexclamation×2




何時に帰ってくるのむかっ(怒り)




一体どこにいるのむかっ(怒り)




あいつが答える隙もなく機関銃のように話してる・・・




まだまだ帰れない




あいつはそれだけ言って

奥さんがまだ話していたのに電話を切った

すぐにまた電話がなった



ちょっと!一体どういうつもりちっ(怒った顔)




話してる途中で電話きるなんて




おかしいんじゃないの!!




また機関銃のように話が始まった

あいつは懲りずにまた電話を切った



そしたら


また


電話がなった


奥さんも負けてない




あんたね〜〜




頭おかしいんじゃないの




私が話してるのに電話を切るなんて




あの女と一緒にいるのか!!!




あんた 騙されてるわ!!!!





もぉ〜〜〜〜



なんなの〜〜〜〜



わざわざ電話かけてきて



言う事じゃないんじゃないの〜〜



夫婦ケンカなら家帰ってからゆっくりすればいいのに

あいつは負けずに電話を切った

それから奥さんは諦めたらしく電話はならなかった

あまりにもすごい光景だったので

やっぱり噂どおりの奥さんだと痛感した

そのままあいつと私は帰る事にした

高速のインターまで行って




また今度デートしような揺れるハート





うん!!ありがとうるんるん





そう言って二人は別れた

私はあいつの車の真後ろに車をつけて家に向かって走っていた 

(近所なので帰り道は同じなのだ)

すぐに電話がなった

あいつだった

今別れたばかりなのに・・・




もしもし〜




今日は楽しかったよかわいい




ずっと一緒にいたい・・・




一緒になろう・・・




rikoと一緒になりたいキスマーク




まじだから・・・




そう言った

私は離婚と言う文字が頭の中をよぎった

そのまま電話を切って家に着いた





そしたら











すぐ
















真後ろから



























な・・・
















なんと







旦那の車がついてきてたのだった


posted by riko at 10:26 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月08日

昼間の密会・・・

あいつの奥さんにばれた・・・




どうしょう・・・





とりあえずあいつに連絡しなきゃ・・・




奥さんにばれたよもうやだ〜(悲しい顔)




私の事も知ってるみたい・・・




あいつ




大丈夫だよ!!なんとかなるさ!!!




家に帰って奥さんに何か言われても




私の事なんて知らないって




ウソをつき通してよね




奥さんに実際 


二人で会っている所を見られた訳じゃない


証拠は


あの紙切れ2枚だけなのだ


ここは


ウソをつきまくるしかない




あいつと話をして電話を切った



これからどうなっていくんだろう・・・



私は後戻りできない所まできてしまっている・・・



こんな危ない目にあっていてもあいつと私は

会いたくて揺れるハート 会いたくて揺れるハート 仕方なかったたらーっ(汗)

奥さんに私だと疑われていたのにもかかわらず

それから数日後に私はあいつに会いに行った

夜だと 奥さんに尾行されると思い

あいつと私は昼間に会う事にしたのだ

おバカな二人だ・・・


私もどちらかといえば夜より昼間の方が出やすかったので

すぐに会いに行った

あいつは仕事を途中で抜け出し

昼間からホテルに直行したのだった

私は奥さんにばれてあいつを奥さんに

渡したくないという感情がでてきた・・・

奥さんに



あなたより私の方がいい!!




もっともっとやさしくしてあげて



あいつには私しかいないんだ!!



と あいつに思わせてやるわっ




まるで愛人の気分だ・・・






ホテルに入るなりkissの嵐・・・

あいつも抑えきれなくなっていた

そのまま一緒にお風呂に入って

髪の毛も体も洗ってあげた

あいつ




いいな〜〜〜黒ハート




王様の気分だ!!!




嬉しい??




と私が聞くと



もちろん 嬉しいに決まってるだろわーい(嬉しい顔)




奥さんは一緒に入ってくれないの??




一緒に風呂入った事なんて




1〜2回くらいしかないよ




そうなんだ・・・
 



と私は言ったが心の中では



入った事あるのか・・・



イヤだな・・・




と思ってまたまた対抗意識がでてきたのだ

それからそのままベッドにGOexclamation×2

揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート




何回あいつと寝たのだろう・・・



もう数えきれない程


あいつと肌を重ねてきた


旦那のSEXよりあいつとのSEXの方が


私の体が答えていた


体が合っているという事はあるもんだと


私は感じていた



昼間の密会はやっぱりあっという間に時間は過ぎた

あいつと一緒にいると時間が過ぎるのが早い




もっともっと長い時間一緒にいたい!!




どこか一緒に行きたい!!




二人はそう考えていて

今度休みの日に朝から出かけよう!!と

約束したのだった


posted by riko at 10:58 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月03日

ウソをつく私

旦那に携帯電話を取られて私は

すぐにあいつに連絡しなきゃ・・・

と思っていた

あいつが私の携帯電話を取られたのを知らずに電話を

かけてきたらまずいよ〜〜

次の日の朝、旦那が仕事に行ってから私は電話した




もしもし・・・





旦那に携帯とられたよ・・・





携帯に電話したらヤバイからね・・・





そう言って絶対電話しないようにあいつに釘をさしておいた

しかし携帯電話がないのは本当に不便だった

あいつとの連絡が今までみたいにできないのだ



普通ならこれで家庭に戻るのが



当たり前なのだろうが・・・



私は旦那からどうやって



携帯を取り戻すか考えていたのだ




バカだ・・・





どこの家庭に自分の不始末を





旦那に話をする奴がいるのか・・・





それでも懲りずに続けようとしている・・・





それが私だ・・・






旦那に何かと理由をつけて私の元に携帯電話が

戻ってきたのはそれからすぐだった

簡単に戻ってきた訳ではない

旦那は条件を出してきた




もう相手に連絡するなパンチ





と言う条件だった




その条件を私はすぐに破った




私はあいつに電話した




電話が戻ってきたわ





そっちも奥さんに気をつけなきゃダメだよ・・・





とりあえず その事だけ伝えて電話を切った

これでまた旦那にばれたら終わりだと自分に言い聞かせていた

それでもやっぱりあいつの事が好きで好きで

しょうがなかったのだ




どんどん私のウソが増えてく・・・




ひとつのウソがばれたらきっと

ズルズルと今までのウソが全部ばれてしまうんだろうな・・・

そんな恐怖と背中合わせに

私はウソを重ねていった・・・


posted by riko at 16:39 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月01日

旦那にバクロ・・・

旦那は真剣に怒ってた・・・

当たり前だよね・・・




誰か好きな奴がいるのか??




そんなのいる訳ないじゃん!!




そう言って誤魔化すのがやっとだった




じゃあ 最近の行動は一体何なんだ!!!





それを言われると何も言えなかった・・・


黙っていると どんどんつっこまれる・・・


どうしたらいいの・・・




自分の行動が家族をバラバラにしてしまった



私のせいだね・・・




と私はつぶやいた

私の中で旦那の会話がうっとおしく感じてきた



もうどうでもいいや




すっきりしたかった





私・・・





好きな人が出来た・・・




なに〜〜〜exclamation×2




旦那はやっぱり!!という顔をしていた

実際私からそう言われてショックだったらしい




これからどうするつもりだexclamation×2





旦那にそう言われた



どうするつもりって・・・




旦那にはっきり




相手と別れろ!!





と言われるかと思ったら




どうするつもり





って・・・

どうして




別れろ!!って言ってくれないんだろう??

旦那のプライドなのか・・・



私は調子いい事思ってしまった



自分のした事を反省しなきゃいけないのに



旦那がそう言ってくれない事を



攻めてる自分がいた



それでも私はこんな状況になったのに

まだあいつの事が好きなのだ

あいつとは別れたくなかった



バカとしか言えない・・・




狂ってる・・・




自分でもおかしいとわかってた



それでもあいつとは別れたくなかったのだ



旦那はとりあえず




相手に連絡するな




と言って私の携帯電話を取り上げたのだった
posted by riko at 10:59 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月28日

夜の密会

あいつとの電話でのやりとりがしばらく続いた

私もだんだんあいつのペースにはまっていった

あいつは電話では物足りなくなってきて




会いたい





と何回も言ってきた

私も




会いたい





会うと言ってもすぐに会う事なんか出来ないのが事実だ

それでも私は感情を抑えきれず会う事にした

旦那が夜勤でいなくて、子供も寝て親も寝静まってから

そ〜〜っと家を出てあいつに会いに行ったのだ




要するに夜ぬけに走ったのである




あいつに近くまで迎えに来てもらい

車に乗って、海の近くに行った

あいつは私に会うなり



会いたかった・・・




私も・・・




車の中で抱き合い何回もkissした




もう止められないよ〜〜〜




あいつが好きになってしまってる・・・




私の頭の中はあいつの事でいっぱいになっている




あいつと会っていると時間もあっという間に過ぎてしまう



ずっと一緒にいたい・・・




でもお互い家庭のある身・・・




帰らなければいけない・・・





また電話するよ


そう言って二人はおさまらない感情を抑えて

別々の家路に帰るのだった

posted by riko at 17:52 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月27日

うしろめたさとやさしさ・・・

私は友達と内職をしながら これからどうしたら

いいのか考えていた・・・

しばらくするとまた携帯がなった

あいつだ・・・

あいつは私が午前中、仕事している間に

何回も電話をかけてきた



何してる??




仕事〜〜〜




ゆっくり仕事もできやしないよ・・・




でも内心は



私の事を気に入ってくれたぴかぴか(新しい)




のかと思い嬉しかったのだ

午後からも電話の嵐・・・



今日はもう電話できないな・・・




うん!!旦那も帰って来てるし・・・




じゃあまた明日の朝までおあずけだね




と言ってその日は終わった

まめなあいつだった

その日は家に帰ると夜勤から旦那が帰っていた

旦那とは当たらず触らず 接していた

次の日の朝、私はいつもは作らない旦那の弁当を作った

旦那は珍しい事もあるもんだな〜と嬉しそうに言った



私のうしろめたさが




旦那に対してのやさしさになったのだ




よく浮気をした後の旦那がやさしくなるグッド(上向き矢印)




と言う話を聞くがこういう事なんだろうか・・・




旦那は何も知らない・・・


私はうしろめたさでやさしくなる・・・


このまま ばれなかったら


夫婦は潤うじゃないかと錯覚までした




友達はお気楽で



それはそれでいいんじゃな〜〜い




ただしばれたらダメだよ・・・




と忠告された

おかしいものだ

友達ならやめとけと言うのが普通だけど

ばれたらダメよ!!って違うだろ〜〜って・・・

でも友達は私がもう深みにはまって後戻りが出来なく

なっているのが分かっていたのかもしれない

燃え上がってしまったものは消せない事を・・・

旦那が仕事に行ってからまたあいつからの

電話攻撃が始まった


1日に何十回とかかってくるのだ

私はイヤになるどころかますますあいつの事が

気になって仕方がなかった

それからしばらくは電話でもやりとりが

毎日続いたのだった




posted by riko at 15:54 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月26日

堕ちていく私・・・

あいつとの密会から帰って来て眠りに付こうと

思ったが、なかなか眠れなかった



昔 恋をしていた頃のようになっていたのかもしれない



でも私は今は結婚して子供のいる身・・・



恋をしていた頃なんて言ってる場合じゃない!!



頭の中は嬉しい気持ちと



恐い気持ちで入り混じっていた



そんな事を考えながらウトウトしながら朝がきた晴れ

子供に御飯を食べさせて学校に行ってから携帯電話がなった

見たらあいつだった



こんな朝早くからなんだろう??




もしもし




昨日、あれから帰って大丈夫だったか??




うん!!大丈夫だった




でもなんでこんな朝から電話してくるの???




心配だったし・・・




でも本当は声をききたかったんだ・・・




なんて嬉しい事を言うんだろう・・・



旦那でもそんな事言ってくれた事がないのに・・・



私は一瞬 

 

キュン黒ハート




となった



また電話するな




と言って電話を切った

私はそれからいつものように、家事をして

内職をする友達の所に行こうとした



でも待てよ!!!


友達には言った方がいいのか??


それとも黙っていた方がいいのか??





そんな事を考えていたら友達から電話がかかってきた



早く来ないの??昨日電話かかってきたの??




今 行くわ・・・




友達は仲が良かったのでとりあえず話をして

相談に乗ってもらおうと思った

友達に話した・・・・



ええ〜〜exclamation×2あいつがそんな事を・・・




でもわかる気がするな・・・




なんで??




だって奥さんと仲良くないし




いつもケンカばかりしてるって




近所の噂だよ・・・




そうなんだ・・・


奥さんとはうまくいってないんだ・・・




私はあいつが奥さんとうまくいってないんだったら

せめて私が優しくしてあげようと思ってしまったのだ

それからこの友達も私の泥沼劇の被害者になるのだった・・・

posted by riko at 16:23 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月25日

あいつのkiss

あいつkiss揺れるハートされて私は

動揺してドキドキしてたふらふら

それでも何回もkissをした

悪い事と思いながら私は女になってしまったのだ



あいつkiss



旦那とするkissとは違ったのは事実だ・・・



でもここは我慢・・・・

最後までするのはやっぱり・・・

旦那も子供もいるのにそれはやばいでしょ・・・



時間は過ぎた・・・・・



あいつと私は何回もkissをした



もう2時になっていた・・・ 

そのまま帰る事にした

あいつはそうとう我慢したんだろうな・・・

な〜んて私は思っていた

帰る時に



またな




あいつは言った



まっまっまたな??




まじかよ??




これっきりじゃないつもりだ・・・・

お互い旦那や奥さんがいて、子供がいて、

しかも子供は同級生なのにどうするつもりなんだ!!



でも私は内心嬉しかったのだ・・・




家の近くまで送ってもらい、車から降りる時に

腕をつかまれ、またkiss・・・・

私はこれからどうなるかと、思うと恐くて仕方なかった


家に帰ると子供は寝てた(当たり前だよね・・・)

子供の寝顔を見て私は自己嫌悪に陥ったもうやだ〜(悲しい顔)




なんてことしたんだろう・・・





これからどうしょう・・・





私のこの軽はずみな行動がこれから泥沼になる事とは

知らずに私は眠りについた・・・・

posted by riko at 12:56 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月23日

旦那とは違う男と・・・

あいつの車に乗った



どうなるんだろう・・・・




そんな事を考えながら、車は海の方に向かってた

普段はコンタクトしているのだけど、会うつもりもなかったから

コンタクトもはずしてメガネをかけていた

突然の出て来い!!で私は化粧もしていなかった



無謀だな・・・・




自販機の前でとまった



なんか飲む??




うん!




なんと買ってきたのは500mlのビール2本だった



飲ませて何するつもり??




なんて思っていたけど、私はお酒が好きなので飲んだのだ

車を海沿いの路肩にとめた



ドキドキ揺れるハート




あいつはシートを倒した

ここで私もシートを倒したら



やばいな・・・・・




私は倒さず話してた

何を話してたのか今思えば思い出せない



目が悪いのか ちょっと見せて




と言って私のメガネをはずした

そのままメガネが私に戻ってくる事はなかった

私のメガネはダッシュボードの上にいってしまった




そのまま話をしてた



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



あいつが近寄ってきた・・・・

そのまま私はkissされた



exclamation×2今のはkiss




あ〜〜〜〜してしまった・・・




どうしょう・・・




こんな事したら、あいつの奥さんも知ってるのに



これからどうなるの・・・・・




どうなってもしらないから〜〜〜

posted by riko at 17:02 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月22日

夜の待ち合わせ

その日はあいつからの電話が気になっていた

早くから夜御飯のしたくをして子供と両親に食べさせた

(一応主婦なので・・・)

結婚してすぐに旦那の親との同居だったので

気が休まる事がなかった


そんな事はどうでもいい

本題に戻ろう・・・・

御飯を食べて 後片付けして 子供達も風呂に入れて

後は子供を寝かしつけるだけだ



早くしないと9時になっちゃうよ〜〜



私は焦っていた

事は計画通り進んだ

9時前には子供達も寝てくれた

私はパジャマをきて テレビを見ながら9時になるのを待ってた

9時ジャストに電話がなった



工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ工



9時ちょうどじゃん!!!!



もしもし





旦那はいないのか?




うん!!今日は泊まりだし帰ってこないよ




子供は??




もう寝たよ




ふ〜ん!じゃあ今から出て来いexclamation





はぁ???




出て来い!!って何それ??


無理やろ〜!!


じーちゃん ばーちゃんになんて言うんだ!!!



出て来いって!!ダメやわ




無理やわ




いいから出て来いや!!





あいつは出て来い!!しか言わない


なんなんだ??どういうつもりなんだろう??



9時過ぎには○○の前で




待ってるし




なんて強引なんだ・・・


勝手に場所まで決めて・・・



ええ〜!!そこはまずいわ




もう少し外れた○○の所にして




近所のあいつと夜に二人っきりで会うなんて

近所の人に見られたら噂になるじゃん・・・



でも私は考えてた


どうやって家を出て行こうかと・・・



あいつの強引さに負けて私は会う事にした


その頃友達と内職の仕事をしていたので

同居の親には



納期が明日までの仕事が入ったから





今から友達の家で二人で仕事するわ




親は「そうかい 気をつけて行っておいで」と言ってくれた




うしろめたかった


普通なら会いに行かないだろう・・・


でも私は会いに行く事を選んだ・・・


なぜだろう・・・


あいつの事が気になっていたのかもしれない




それから急いで着替えて待ち合わせの場所に行った



あっそうだ!!



ガム噛んでいかなきゃ〜



エチケット〜エチケット〜〜



何を考えているんだか・・・




待ち合わせの場所に行くとあいつの車が止まってた





ドキドキしてた・・・





ごめ〜ん  遅かった?




家は大丈夫だった??




大丈夫な訳ないじゃん!!!


それなら出て来い!!!


なんて誘うなよ!!!



と私は思った



どこいくの?




とりあえず ここを出よう




近所の目もあるので その場所を後にして車を走らせた

posted by riko at 16:10 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年09月21日

電話

私はあいつに電話番号を教えた

別にうしろめたい事なんて全然なかったから

友達に教える感覚で教えた・・・

あいつ



俺、電話魔だからな〜〜


                           

私は



うそ〜exclamation電話魔ならいつでも




電話してきてもいいよ〜〜




私も話するの好きだし・・・




って笑いながら答えていた



この軽いノリが私の悪い所だ・・・



私は心の中では



電話なんか 絶対かかってこないわっ



と思っていた

何日かたって、やっぱり電話はかかってこなかった



やっぱり・・・根性がない奴だな〜〜



と私は少し、いらついていた



忘れた頃に、電話に




着信あり





の文字があった



誰だろう??



と見たらあいつだった



うそ!本当にかかってきたんだ・・・



私は嬉しかった



私はすぐにあいつに電話した



もしもし!!電話してくれたの?




うん!!旦那はいないのか??




そうなのだ!!私には旦那がいるのだ・・・



いるよ・・・でも今 2階から電話してるから




ここにはいないよ




そうか・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




沈黙が少しあって私はまた要らぬ事を言った



あさっては旦那が夜勤でいないから




あさっての夜ならゆくっり電話できるよ




そうか!!!じゃああさっての夜




何時頃ならいい??




う〜ん 9時頃ならいいよ




じゃあ あさっての夜の9時にかけるわ




わかったよ〜じゃあね〜〜




と言って電話を切った



なんて軽いノリなんだろう・・・



これが結婚して子供がいる人妻のする事なのか???



少し反省した

一人で考えていても仕方がないので

その当時一番仲の良かった友達にこの事を話した

その友達とあいつは目と鼻の先ぐらい近くに住んでいた

友達は驚いていた

私と友達は 電話で話するくらいだし 




大丈夫だよね〜〜




なんて笑って話をしてた

そんな事がスキがあると言われるんだが・・・

そうやって話をしているうちに、

とうとうあさっての夜になった







posted by riko at 16:36 | TrackBack(0) | 不倫の話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。