2006年01月26日

奥さんからの紙切れ・・・


あいつは両親に電話した

電話では話にならないので

一度話し合いの為に

出て来い!!!

と言う事になった

あいつとあいつの両親

そしてあいつの叔父さん

そして奥さんの両親での話し合いになった

そこには奥さんの姿はなかった・・・

奥さんは話し合いには来なかった

来ないかわりにある紙切れを両親に持たせてきた

その紙切れの内容がすごかったのだ


毎月にかかるお金の金額を

事細かに書いてあったのだ


子供の塾代    ○○円×12ヶ月×○年分

子供の洋服代   ○○円×12ヶ月×○年分

子供の靴代    ○○円×12ヶ月×○年分

子供の歯医者代  ○○円×12ヶ月×○年分



その他まだまだたくさん書いてあった

こんな事まで毎月お金がいるのかと

思うような内容の物まで書かれていた

そして子供が成人するまでの

これだけお金がかかるという金額が書いてあった


子供が成人するまで毎月歯医者に通うのか??

洋服も毎月買うのか??

靴も毎月新しいのを買うのか??

な・な・なんて贅沢なんだ・・・


やっぱりお金だ・・・


そして土地がらみの話も書いてあった

奥さんが言っていた通り

離れの土地と両親が住んでいる土地の

名義変更をしてくれ!!と書いてあった


あいつの両親は



それは出来ない!!!




あんな嫁に土地をやるなんて



ごめんだ!!!



散々私達の事をコケにしておいて



そう言った

そうなのだ・・・

奥さんは両親の事を

近所にボロクソに言い回っていたのだ

両親の気持ちを考えると

それは無理な事だった


結局話し合いは先に進まず終わった


奥さんのお金に対しての執着は

すごい金額になっていた



私は昔奥さんが言った


ノシをつけてくれてやるわ!!!



と言う言葉を思い出していた・・・

あれは一体 何だったんだろう・・・

売り言葉に買い言葉だったんだろうか・・・

ここまで来て離婚しないのは

やっぱりオンナの意地だろうか・・・

まだまだ先は見えないのだった
posted by riko at 17:12 | TrackBack(0) | 奥さんの話
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。