2006年01月17日

調停・・・その2


調停の日になった

あいつは裁判所に行った

奥さんは後から来たらしい・・・

家庭裁判所では二人で会う事はなく

別々の部屋で話をするらしい・・・

あいつは今までの結婚生活の話を

調停員に話をした


旦那として ないがしろにされバカにされていた・・・


奥さんはロクに御飯も作らなかった・・・


自分の親の事もボロクソに言われていた・・・


今までの奥さんのいろんな話をした


そして自分は今家を出てしまった・・・


女とも一緒に住んでる・・・


正直に話をした



家庭裁判所という所は

あくまでも離婚を前提ではなくて

元に戻せるように手助けする事が名目なのだ

だからあいつのように離婚したくて

自分から言ってきてもきついものだった

しかも自分はもう相手の女と一緒に住んでるのだから

事態は なお更難しいのだった

確かに実際に

女と一緒に出てきたのは事実・・・

だから離婚したい・・・

そんなムシのいい話はね〜〜〜

という感じだ・・・

奥さんの話は


旦那に女が出来て


出て行ってしまった・・・


女が全部悪い・・・


離婚するつもりはない・・・


と同じ話を何度も繰り返していた



そんな感じで第1回目の調停は終わった



不利な立場からの離婚の申し立て・・・


そんな簡単ではない


不貞を犯した者からの申し立てで


離婚が成立する訳がない・・・


そんなウマイ話がある訳ない


これからまだまだ二人にとって


前途多難になっていくのだった


そして2ヶ月後にまた調停に行くあいつだった・・・
posted by riko at 15:19 | TrackBack(0) | あいつの話
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。