2005年12月20日

アパートの契約・・・


二人は不動産屋に駆け込んでとりあえず


ここに決めます!!!



そう言っていた・・・

しかし アパートを借りるのに

保証人や仕事場の名前を

書かなければならなかった

あいつは仕事を辞めた事になっている・・・

保証人は弟に頼む事にしたが

どうしても仕事の事が引っかかったのだ

私は


正直に話した方がいいんじゃない???



そうか???



でも正直に話して



貸してもらえなかったら



だめじゃん・・・



大丈夫だよ・・・



お金も即金で払うんだから



事情を話したらわかってくれるよ・・・



ここでも私が秘密にする事が出来ない

性格が出てしまうのだった・・・


私達の応対してくれた不動産屋は

たまたま社長で

しかも

オンナ社長だった

私は勝負に出て正直に話する事にした


すみません・・・



実は私達・・・



駆け落ちしてきたんです・・・



それでどうしても今日中に



部屋を貸して頂きたいんです・・・



お金もすぐに今ここで払います



仕事もすぐに探すつもりです



仕事場が決まったら



すぐに連絡します



お願いします・・・



部屋を貸して下さい・・・



そう二人で頭を下げて頼んだ


不動産屋のオンナ社長は


う〜〜〜ん・・・



と頭を抱えていたが


わかりましたよ・・・



貸しましょう!!!



あなた達を見てても



とても悪い人じゃなさそうだし・・・



そのかわり必ず保証人を



つけて下さいね



あと仕事場も決まったら



すぐに連絡して下さいね



あと・・・



警察沙汰は勘弁してね!!!



そう言ってくれた



有難うございます!!!






よかった・・・


神様は見捨てないでいてくれた・・・


二人で顔を見合わせて喜んだ



そこで私はまた要らぬ事を

不動産屋のオンナ社長に聞いたのだ


ひとつ聞いていいですか??



私達みたいに駆け落ちしてきました!!



なんて言って来る人いますか??



そうね〜〜



たまに来ますけど



その人達は暗い感じよ・・・



あなた達みたいに



楽しそうじゃないわね!!!



(*≧m≦*)ププッ


そんな事を言われてしまった・・・


私達は楽しそうに見えたのかしら???


今になっては笑い話になるが


当時の私達は必死だったのは確かだ・・・


不動産屋のオンナ社長は

私達を励ましてくれるように



これからも頑張ってね!!!



と言ってくれた



アパートの契約をしてる間も


私の電話は鳴りっぱなしだった・・・



そうしてアパートの契約を無事すまして

二人で借りたアパートに向かった

posted by riko at 16:36 | TrackBack(0) | 二人の話
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。