2005年12月31日

今年もあとわずか・・・

( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪


今年もあとわずかになりました・・・


皆様にはこの記事を読んで頂いて


そしてたくさんのコメントを頂きまして


本当に有難うございました


ここであらためてお礼をしたいと思います


これからも頑張って(めげずに・・・)


更新して行きたいと思います・・・



皆様にとって


来年もよい年でありますように・・・




来年もがんばるぞぉ〜〜〜




posted by riko at 19:11 | TrackBack(0) | rikoの余談

2005年12月30日

すこしづつ・・・

母親と別れて二人でアパートに戻った

その日もアパートに泊まった

次の日の朝早く弟から電話がかかってきた



ねーちゃん!!!



俺のアパートに来たらダメだぞ!!!



なんで???



今日仕事に行くのに家を出たら



あいつの両親がアパートの近くで



待ち伏せしてたぞ!!!




工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ工


そうなんだ・・・



あいつの両親は夜じゃなく

朝の早くから出て来て

弟のアパートの近くで待ち伏せしていたのだ

夜に帰って来ないなら

朝早い時間になら二人はいると

確信して張っていたのだ


朝早くに来てお昼くらいになって帰る・・・

そしてまた次の日の朝早く来る・・・

そしてお昼には帰って行く・・・


そんな毎日が続いた・・・


弟は母親から実家に戻って来い!!!

と言われていた

弟は実家のローンとアパートの家賃で

金銭的に苦しかったのだ

散々母親に言われ

実家に帰る事にした

私は弟が実家に帰るのに

あいつの両親がいない隙を

狙って引越しの手伝いをしていた

洗濯機や冷蔵庫・・・

食器棚やテーブルなど

弟は全部 私にもらってくれ!!と言ってくれた



やった〜〜〜!!!



少しでもお金を使わなくてもいいように

もらえる物は弟からなんでも貰った


あいつは両親からの電話に明け暮れていた

両親は


帰って来い!!!



の一言で

あいつ


離婚する!!!



のいつまでたっても平行線のやりとりだった

そんな日々が過ぎて

弟の引越しが決まった

弟の引越しに二人で手伝い

弟のアパートにさよならした・・・

そしてあいつも仕事が決まり

少し落ち着いた生活が出来るようになってきた

そんな頃あいつの奥さんが

とうとう行動を起こしたのだ・・・
posted by riko at 11:37 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月29日

母親の説得・・・その2

沈黙が続いた・・・


長い沈黙の後 母親が口を開いた




あなた達の事はよくわかったわ



こうなってしまって帰る事も



もう出来ないわね・・・



帰れる訳ないわよね・・・



帰ったとしても



お互いの夫婦には戻れる???



二人の意志が強いのもわかったわ



rikoが泣いてばかりいるのも



親の私から見ても感じが良いものじゃないわ



これからは二人で



これからの事を考えていくしかないわね・・・



いつまでも悲しい顔を見るのは



親としては悲しいわ・・・



そう言った


あいつ


ありがとうございます・・・



離婚して仕事もすぐに見つけて



これからの事考えます



そう私の母親に言った



二人でこれから頑張って




やっていくしかないわね・・・




ただしお金の援助は一切しないからね




二人でやっていきなさい!!!




それくらいの覚悟があって出て来たんだから




とやかく言うつもりはないわ



金銭面では助けてあげれないけど



精神面で助けてあげる事しかできないわね・・・



そう喝をいれられた


母親は最後に一言・・・



私はこの子の母親・・・



小さい時に父親に死なれて



寂しい思いをさせてきたと思ってる



親心なのかもしれないけど



やっぱり子供の悲しい顔を



見るのは親としても辛い・・・



だからこれ以上この子を



泣かす事だけはしないで欲しい・・・



もしあなたがこの子を



泣かすような事になったら



私は許さないから・・・



そう言ったのだ・・・



ありがとう・・・


お母さん・・・・



私は涙を流しながら心の中でそう言ってた・・・

posted by riko at 11:26 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月28日

母親の説得・・・その1

二人で母親に会う事にした

弟の車はあいかわらず二人の足になっていた

母親と待ち合わせしてあいつも初めて私の母親に会った



私は母親の顔を


まともに見る事が出来なかった・・・


顔を見ると泣きそうだった・・・


いい大人二人が母親を目の前にして


泣く・・・


そして説教されているのだ・・・



これが現実だ・・・


母親が言った・・・


一体どうするつもりなの!!!



すみませんでした・・・



でも俺は離婚してrikoさんと



一緒になります



あいつは私と出てきて奥さん宛てに郵送で

離婚届けを送っていた

でもその離婚届けは

私達が一緒に出て来た事によって

奥さんは怒り狂って

ちぎってゴミ箱行きになっていた

それでも奥さん本人からは何1つ言ってこなかった

スパイの友達からはその後の

奥さんの行動をいろいろ教えてくれた



一緒になるって・・・



こんな形で出てきて・・・



物事には順序があるんじゃないの!!!



たくさんの人に迷惑かけて



大人のする事じゃないでしょ!!!




母親の言う事は最もだった


たくさんの人に迷惑かけてきた・・・


泣いてる子供も・・・


親も・・・


上司も・・・


でも二人にとって逃げて来る事が


最後の手段になってしまったのが結果だった


弱い二人だ・・・


現実の状況から逃げてきた敗者なのだ・・・


それでも二人は


今さら帰るつもりはサラサラない




母親に私は言った


こうなってしまったのは



それまでのいろいろな事があったんだから・・・



その状況が絶えられなかった・・・



思いついてやった訳じゃないよ



考えて考えて考えた結果なんだよ



今さら帰るつもりはないから・・・



二人でやって行くって



そう決めたから・・・



何言われても二人の決心は



変わらないから・・・



そう母親に言った


しばらく沈黙が続いた・・・
posted by riko at 11:29 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月27日

母親からの電話・・・

職安に着いて職を探した

めぼしい所を2〜3件 目をつけて帰ってきた

弟のアパートに行こうかと思ったが

念の為に契約したアパートに帰った

今日もこの何もないこの部屋に泊まらなきゃ

いけないんだろうな・・・

そう思いながら時間が過ぎた


しばらくすると今度は

私の母親から電話がかかった

もう逃げてばかりいられない・・・

そう思い電話に出た


もしもし・・・



一体何を考えてるの!!!



自分のしてる事



わかってるの!!!



こんな事電話で話してても



しょうがないから



一度その相手の人と話をしたいわ



会う事は出来ないの???




自分の母親なら


私も自分の思いが言える・・・


そう思い私は母親と会う事にした


そうして次の日に

私の母親とあいつと私の3人で

話をする事になった
posted by riko at 16:27 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月26日

二人の決心・・・

弟のアパートからみんなが去って

すぐに弟から私の所に電話がかかってきた



ねーちゃん!!!



おっそろしい程みんなできたぞ〜〜〜



一応 帰って行ったけど



今日はここに来ない方がいいかもな・・・



そうだね・・・



ごめんね・・・



イヤな思いさせて・・・



いいさ〜〜〜



この借りはいつか返してもらうさ!!!



そうだね!!!



そう言ってその日は契約したアパートに

二人は泊まったのだ

次の日・・・


弟が仕事に行こうと思って家を出たら

みんなはいなかった・・・

弟は


よかった・・・


諦めて帰ったのか・・・


そう思っていたらしい


弟が仕事に行く時はいなかったので

すぐに私の所に電話がかかってきた


もう誰もいないから



来るなら今の内に来て



荷物を持って行ってもいいぞ!!!



そう言われた

私は洗濯をしたかったので

弟のアパートに二人で向かった

着いてから洗濯したり

まだ持っていってない荷物を車に積んだ

その間やっぱりあいつの電話には

電話が鳴り続けていた

上司からの電話・・・


もう戻るつもりはないです



こんな辞め方したので



悪いと思ってます・・・



でも本当に戻るつもりありませんから・・・



両親からの電話・・・



俺はもういないもんだと



思ってくれ・・・



一体どうするつもり・・・



子供も置いて・・・




離婚するつもりだよ!!!



バカな事言わないで



帰って来なさい!!!



話し合いをしましょう・・・



今まで何回も話し合いを



してたじゃないか!!!



それでも話にならないから



こうなってしまったんだ!!!



話はまた平行線になっていた・・・


何を言っても


二人で出て来た事がすべて悪いのだ


人の道に外れていた事は


わかっていた


悪いのを承知で出て来た二人・・・


ここで帰れば


お互いの夫婦に戻れる事が出来るの???


そんな事はもう無理だと


わかっていた


誰に何を言われても


絶対 帰るつもりはない・・・


二人の決心は固かった



不思議な事にあの奥さんからは


一切何も言ってこなかった





そして二人で仕事を探す為に

職安に向かった・・・
posted by riko at 16:28 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月23日

弟のアパートで・・・

二人で何もないアパートで一夜を過ごした・・・

何もない部屋でもやっぱり二人にとって

夜になればその行為をするのだった・・・


たとえベッドじゃなくても


ゴザの上でも出来るのだ・・・


うふ♪(* ̄ー ̄)v


しかしゴザの上では正直言って


体が痛かった・・・



その頃・・・


私の弟はいろんな人が突撃してきた事に


四苦八苦していた・・・


弟がアパートで待機していたら

玄関のチャイムがなった・・・

弟が玄関のドアを開けると



元旦那が立っていた



ごめんな〜〜



ねーちゃんはいるのか???



こんばんわ・・・



ねーちゃんはここにはいません・・・



そうか・・・



いる訳ないよな・・・




そう言って笑っていたそうだ・・・


迷惑かけてすまんね・・・



そう言って別に怒っている訳でも


落ち込んでいる訳でもなかったらしい・・・



それから


あいつの上司が顔を出してきた


○○はどこに行ったか知らんのか!!!



初対面の弟にいきなり怒ってきたのだ


弟は



こっちだって俺の車を勝手に



持っていかれて迷惑してるんです!!!



どこにいるかわかっていたら



俺だってすぐに車を



取り戻しにいきますよ!!!



上司は何も言わず引き下がった


それから


あいつの両親が来た


両親は


なんでこんな事になってしまったのか・・・



本当にどこに行ったか知りませんか???



知りません・・・



こっちだって迷惑してるんです・・・



すみませんね・・・



その次に


私の母親が来た



おねーちゃんはどこに行ったか



あんた本当に知らないの!!!




知るか!!!



ねーちゃんはねーちゃんで



考えた結果こうなったんだ!!!



お盆の時に来た時



痩せこけたねーちゃん見て



わからなかったか???



それだけ悩んでいたんだよ・・・





弟は私の母親だけには


言いたい事を言った


母親は痩せこけた私の事を言われて


何も言えなかった・・・




もう勘弁してくれよ



俺も明日は仕事だから



みんな帰ってくれ!!!





弟のアパートの玄関で


一人づつかわるがわる話をしていたので


弟もうっとおしくなりそう言った


そしてそのままみんなは


弟のアパートを後にして帰って行った


というより・・・


弟のアパートからすぐ近くの場所で


私達二人が弟のアパートに


今夜 絶対帰って来る!!!


と確信してみんなで待ち伏せしていたのだ


恐い・・・・


恐すぎるよ・・・
posted by riko at 23:43 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月22日

寂しい夜・・・

二人で荷物の整理と掃除をしていた

荷物は大半が洋服くらいで

それを片付けるタンスなんてないので

衣装ケースを重ねて部屋の片隅に

置いておいた


しかし本当に何もない・・・


寂しすぎる・・・


不安になってきた・・・



14型のテレビを持ってきたので

あいつに取り付けてもらった

テレビの音が二人の寂しい雰囲気を

和ませてくれた

夏場の暑い時期だった事もあり

喉がかわいた


お茶を沸かそうと思っても



やかんもない・・・



飲み物を買ってきても冷蔵庫もない・・・



何もかもない・・・



仕方なくホームセンターに行って

発泡スチロールの箱を買ってきて

コンビニで氷と飲み物を買ってきて

その発泡スチロールの箱にいれた



う〜〜〜ん・・・


これって・・・


キャンプじゃないんだぞ〜〜〜




でもこれで飲む事には不自由しなかった・・・



今日はここで寝る事になるのかな・・・



これからどうなるのだろうか・・・



不安な時間が過ぎた



夕方になり弟から電話がかかってきた


ねーちゃん!!!



今日は俺のアパートに来たらダメだぞ!!!



なんで???



おかんから電話がかかってきて



ねーちゃんの旦那と旦那の母親と



あいつの両親と上司とおかんと



俺のアパートに来るって!!!



来たら絶対見つかるからな!!!



わっわっわかったよ・・・




やっぱり弟のアパートの所だとばれてしまった!!!


こんなにすぐに足をつかれるなんて・・・


今日は弟のアパートには行けない・・・


ここに身を隠すしかない・・・


このアパートなら見つからないだろう・・・


今日はこの何もない


アパートに泊まるしかない・・・



そう決めて今度は二人で

100円均一の店に行って

敷き布団のかわりになる物として

ゴザを買ってきた

そして持ってきたバスタオルをお腹にかけて

その夜を過ごす事にした・・・



なんてすごい光景だろう・・・


これが駆け落ちというものだろうか・・・


今でもその事は忘れもしない・・・



その日の夜・・・

あの異様な組み合わせに私の母親も加わって

弟のアパートにみんなで来ていたのだった・・・
posted by riko at 16:59 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月21日

すごい組み合わせで・・・

アパートに着いて部屋に入った



これからここで二人で暮らすんだ・・・


今は何もない部屋・・・


今から少しずつ物を揃えていかなきゃ・・・


それにしても本当に何もなく

殺風景で寂しい部屋だった

部屋でしばらく休んでから

弟のアパートに行って

二人の荷物を取りに行った

そしてまたアパートに戻った

その間中

何回も私の携帯に元旦那から

電話がかかっていた

私は電話にでた・・・

もしもし・・・



今からそっち行くから!!!



????????


なんで?????


どうして


今から来るんだ・・・


元旦那は今さら


何をしたいの??



俺とあいつの上司と



俺のオフクロとあいつの両親も行くから!!!



なんなんだ・・・


一体どういう組み合わせなんだ


そんな組み合わせで


1台の車に乗ってくるのか???


車の中でどんな会話をするんだろう・・・


考えただけでも


恐ろしい光景だった



来ても会わないから!!!



とにかく向かっているからな!!!



そう言って電話は切れた・・・



あいつと二人で




どうする???



こんなにすぐに見つかってしまったら


イヤだよ・・・


二人で決心して苦労して


出てきたのに・・・




会うつもりはない!!!



会ったら連れ戻されるに



決まってる!!!



とにかく身を隠していよう!!!



そう言って二人は

アパートの掃除をしながら

荷物の整理をしていた・・・

posted by riko at 17:02 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月20日

アパートの契約・・・

二人は不動産屋に駆け込んでとりあえず


ここに決めます!!!



そう言っていた・・・

しかし アパートを借りるのに

保証人や仕事場の名前を

書かなければならなかった

あいつは仕事を辞めた事になっている・・・

保証人は弟に頼む事にしたが

どうしても仕事の事が引っかかったのだ

私は


正直に話した方がいいんじゃない???



そうか???



でも正直に話して



貸してもらえなかったら



だめじゃん・・・



大丈夫だよ・・・



お金も即金で払うんだから



事情を話したらわかってくれるよ・・・



ここでも私が秘密にする事が出来ない

性格が出てしまうのだった・・・


私達の応対してくれた不動産屋は

たまたま社長で

しかも

オンナ社長だった

私は勝負に出て正直に話する事にした


すみません・・・



実は私達・・・



駆け落ちしてきたんです・・・



それでどうしても今日中に



部屋を貸して頂きたいんです・・・



お金もすぐに今ここで払います



仕事もすぐに探すつもりです



仕事場が決まったら



すぐに連絡します



お願いします・・・



部屋を貸して下さい・・・



そう二人で頭を下げて頼んだ


不動産屋のオンナ社長は


う〜〜〜ん・・・



と頭を抱えていたが


わかりましたよ・・・



貸しましょう!!!



あなた達を見てても



とても悪い人じゃなさそうだし・・・



そのかわり必ず保証人を



つけて下さいね



あと仕事場も決まったら



すぐに連絡して下さいね



あと・・・



警察沙汰は勘弁してね!!!



そう言ってくれた



有難うございます!!!






よかった・・・


神様は見捨てないでいてくれた・・・


二人で顔を見合わせて喜んだ



そこで私はまた要らぬ事を

不動産屋のオンナ社長に聞いたのだ


ひとつ聞いていいですか??



私達みたいに駆け落ちしてきました!!



なんて言って来る人いますか??



そうね〜〜



たまに来ますけど



その人達は暗い感じよ・・・



あなた達みたいに



楽しそうじゃないわね!!!



(*≧m≦*)ププッ


そんな事を言われてしまった・・・


私達は楽しそうに見えたのかしら???


今になっては笑い話になるが


当時の私達は必死だったのは確かだ・・・


不動産屋のオンナ社長は

私達を励ましてくれるように



これからも頑張ってね!!!



と言ってくれた



アパートの契約をしてる間も


私の電話は鳴りっぱなしだった・・・



そうしてアパートの契約を無事すまして

二人で借りたアパートに向かった

posted by riko at 16:36 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月19日

旦那と上司からの電話・・・

二人で初夜??を迎えたラブホを出て

とりあえず弟のアパートに向かった

これからどうするか・・・

弟のアパートにずっといる事も出来ないので

アパート情報誌をみながら

めぼしいアパートを探していた

2〜3件選んで不動産屋に足を運んだ

1件目のアパートを見に行ってる時に

また私の携帯が鳴った・・・

出てみると元旦那だった



今どこにいる!!!



はぁ??



どこだっていいじゃない!!!



あいつも一緒にいるんだろう!!!



あいつを出せ!!!



どうして???



いいから出せ!!!



あいつが元旦那からの電話にでた・・・



もしもし・・・



おまえ!!!自分の会社に



何も言わないで出て来たのか!!!



今おまえの会社の上司と



俺が一緒にいるんだぞ!!!





??????



どうして???



なんで元旦那とあいつの上司が


一緒にいるんだ!!!


私は訳がわからなかった



あいつの上司は

二人が一緒にいる事は間違いないと思ったのだ

そして私とあいつはすぐに足をつかれたのだ


なんてこった!!!


こんなにすぐに足をつかれるなんて


わかりやすい二人だ・・・


最悪だよ・・・


それであいつの上司は

私の元旦那の所に怒鳴り込んできたのだ

あいつはそのまま上司と長い間話をしていた

話をしていてもやっぱり同じ事の繰り返しで

ただ ただ

あいつは相づちをうつだけだった

元旦那はあいつと会って話をしたい・・・

と言い出した



今さら何を話をするの???


会ってしまったら


連れ戻されるに違いない・・・


二人はそう直感した・・・



すぐに電話を切った



大急ぎでアパートの契約をしなくては・・・


そうして二人で不動産屋に駆け込んだ

posted by riko at 16:10 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月17日

電話の嵐・・・

ラブホテルに着いた二人・・・

すぐに抱き合い抱擁した

それからフロに入り

いつものごとくその行為をする・・・


今日はお互い


それぞれの家に帰らなくていい


そのまま眠りについて


目が覚めても


あいつが隣にいる・・・


夢にまでみていた事が


今こうやって現実になってる・・・


あいつに抱かれながら


私は心地よい気分になっていた

そして朝になった



目が覚めたらあいつはもう起きていた

あいつは会社には何も言わず出てきたのだった

大人げないかもしれないが

会社には黙って出てくるしか方法がなかったのだ



今頃会社では




大騒ぎしているだろう・・・




あいつは言っていた

私は



一応 上司には電話した方が



いいんじゃないの???



そうだな・・・



そう言ってあいつは上司に電話したのだった



もしもし・・・




もう会社を辞めます・・・




戻るつもりもありませんから・・・




何言ってるんだ・・・



自分のやってる事をわかってるのか!!!



わかってるつもりです



何言われても



戻るつもりはありませんから・・・



そう言って電話を切った


しばらくするとあいつの親から電話が

かかってきた



あんた一体どうするつもり!!!



子供も嫁も置いて



一体 今どこにいるの!!!



あのオンナと一緒なの!!!



いいから帰ってきなさい!!!



みんな同じ事を言っていた


どこにいるの!!!


帰ってきなさい!!!


バカな事はやめなさい!!!


駆け落ちなんて何考えてるの!!!




もう何回も何回も


そのセリフを聞いた・・・


当たり前だよね・・・


誰も本当に二人が出て行くなんて


思ってもみなかったのだろう・・・


あいつは親からの電話を黙って聞いていて

一言


何を言われても



戻るつもりはないから・・・



もう俺は死んだもんだと



思ってくれ・・・



そう言って電話を切った



しばらくすると今度は私の電話がなった

弟からの電話で

私の母親が怒り狂ってどうしても私と

話をしたい!!

と言ってる内容だった



母親に電話しても


きっと同じ事を言われるだろう・・・


どうせみんなにはわかってもらえない・・・


わかってもらおうなんて思わない・・・


これからはあいつと二人しかいないんだ・・・


昨日までの浮かれた気持ちは


どこかにいってしまった・・・


二人は落ち込んでいたが


そう言っても何も始まらない


とにかくこれからの事を


考えなくては・・・



そうして二人は

新婚初夜を迎えたラブホテルを後にした

それから二人にとってまたしても

恐ろしい出来事が待っているのだった
posted by riko at 16:27 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月16日

初めてのお泊り・・・

車はそのまま弟のアパートに向かっていた

しばらくするとまたあいつの電話がなった

今度は奥さんからだった・・・



もしもし!!!



今日は一体何時に帰ってくるの!!!



まだ帰って来ないのか!!!




またまた奥さんの攻撃が始まったのだ



まだまだ帰れそうもないよ



御飯はどうするの??



どうするの??って



いつも作らないじゃないか!!



今日は作ってあるのよ



サザエをもらったから!!!



サザエ??



お前がサザエの料理ができるのか??



できるわよ!!!



うそつけ!!



どうでもいいからサザエがあるんだから



早く帰ってきて!!!



わかったよ・・・



もう切るぞ!!!



そう言って奥さんからの電話を切った



サザエの話をしていたのか

あいつもお腹が空いたらしい・・・

国道沿いの店に入って

二人で遅い夜御飯を食べた

私は胸が一杯であまり食べる事が出来なかった

あいつは私のそんな気持ちを知らずか

あいかわらずの食欲だった・・・


あいつ



今日はどこに泊まる??



新婚初夜だからなぁ〜〜





エッチだなぁ〜〜



《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜



でもそうだよね・・・



初めてあいつとお泊りが出来る!!!



これから二人で生活して行くんだから



新婚初夜みたいなもんだよね・・・



嬉しい!!!



でもどこも取ってないよ



お金もあんまり使えないし・・・



弟のアパートで3人で寝るのは



新婚初夜じゃないか・・・



ラブホでいいじゃないか!!!



まぁ仕方ないね・・・



じゃあ!!ラブホにレッツゴー!!!





そう言って二人はラブホテルに向かった



二人の初めてのお泊りと


新婚初夜??は


ラブホテルに泊まるという結果になった


(*≧m≦*)ププッ


次の日には


すごい状況になっているのも


知らず二人は浮かれていたのだった・・・


posted by riko at 16:25 | TrackBack(0) | 二人の話

2005年12月15日

あいつと一緒に・・・

あいつは会社の中に入っていって

なかなか来なかった・・・

私は一人 車の中で心細くて

いてもたってもいられなかった・・・

やっとあいつが来てくれた




さぁ〜〜




行くぞ!!!



うん!!!



本当に行くんだね・・・



当たり前じゃないか〜〜



行くぞ!!!



そう言って車を走らせた・・・


しばらくしてあいつの電話が鳴った・・・

あいつの仕事関係の友達らしい・・・




もう出たよ・・・



いろいろ世話になったな



えっ????



今からか???




何??何???


なんかやばい事になったの???


電話越しで何を言ってるのか私には分からなかった


あいつ


友達が最後に顔を見たいから



家に寄ってくれないか??



って言ってるんだけど・・・



どうする???



いいけど大丈夫??



大丈夫だよ



あいつは全部 俺達の事知ってるし



心配しなくても大丈夫だよ



じゃあちょっとだけね・・・





友達夫婦とは一度ボーリングやバーベキューなど

一緒にした事があり

面識が無いわけではなかった


そしてあいつと私は

友達夫婦の家に向かった


友達夫婦はあいつと私を受け入れてくれた

今から出て行こうとしてる

二人を応援してくれたのだ



何もないのなら



なんか持っていくか??



そう言ってお鍋やドライヤーとか

生活するのに使う物を

持っていけ!!と言って

大きな紙袋にいろいろ詰めてくれたのだ

私は嬉しかった・・・

しばらく話をして友達夫婦と別れた


私は


本当にいいの??



これでいいの???



寂しくない??



と聞いた


あいつ


いいよ!!!



これからrikoと毎日一緒にいられる!!!



それだけで十分さ!!!



全然寂しくないよ



これからも二人で頑張ろうな!!!



そう言った


嬉しかった


あいつについて行こう


これからまだまだいろんな事が


あるかもしれないけど


乗り切って行こう


そう心の中で思っていた



私達の住んでいた町を



通っていかない??



最後に見ておきたい・・・



そう言ってその方向から行く事にした


私はやっぱり涙が出そうになってきたので

運転してるあいつのヒザの上に顔をうずめた



しばらくして私は聞こえた・・・






あいつの・・・










鼻をすする音が・・・













かすかに・・・












聞こえたのだ・・・











あいつは泣いてはいけないと


我慢していたのが


私にはわかった・・・



あいつも私と同じで


子供を捨てて出てくる事は


辛く 悲しい事だったのだ


それでも

あいつはそのまま車を走らせて

私達の町を通り過ぎて行った・・・

posted by riko at 15:36 | TrackBack(0) | あいつの話

2005年12月13日

あいつを迎えにいく・・・

私はあいつの会社に向かっていた

あいつに電話した



もしもし・・・



大丈夫???



大丈夫だよ!!!



もう少しでそっちに着くよ



わかったぞ!!!



じゃあ用意して待ってるからな・・・



本当に大丈夫なの???



大丈夫だよ!!!



わかったわ・・・



そう言って電話を切った

すぐにあいつの会社の前に着いた



そして



電話した・・・




着いたよ・・・



そうか・・・



今から荷物運ぶよ



そう言って会社の中からあいつが出てきた


2日振りにあいつと再会した


あいつの荷物は


衣装ケースが2つだけの


少ない荷物だった


とりあえず洋服だけを持ってきただけだった



荷物を二人で運びあいつ

また会社の中に入っていった




私は車の中で一人になった



本当に二人で出て行くんだ・・・



これってすごい事だよね・・・



そのすごい事を



わたしとあいつは今からやろうとしている・・・



これからどうなるんだろう・・・



あいつを信じてついていくしかない・・・



私にはあいつしかいないんだ・・・



そう一人で考えていた
posted by riko at 17:55 | TrackBack(0) | あいつの話

2005年12月12日

友達との再会・・・

離婚届けの提出が終わり

私の離婚が成立した



私は離婚したんだ・・・


とうとうシングルになったんだ・・・


世間で言うバツ1だ・・・


これから私はどうなるんだろう・・・



あいつは私の事を



見捨てないで来てくれるのだろうか・・・




勝負は今日の夜のあいつにかかってる・・・

私は時間が早く過ぎて欲しかった


役所を出てから私は友達に電話した

そして二人で会う場所を決めた

人目のつかない喫茶店で会う事にした

久しぶりに友達に会うことで私は嬉しかった

久しぶりと言ってもたった2日しかたってないのに・・・

この2日間は私にとって長い長い2日間だった

友達に会える事で

私は心のより所を求めていた



友達が来た



rikoちゃん!!!



どう??元気にしてる???



うん!!とりあえず元気!!!



会いたかったよ!!!



私も〜〜〜




まるで恋人同士が会うようなやりとりだった

友達と会えて私は本当に嬉しかった



あれからどうだった??



うん・・・泣いてばかりだった・・・



子供達はどうしてる??



おばあちゃんはなんか言ってた??



うん・・・



旦那さんが何も言わなかったから



すごかったわ・・・



旦那さんどうして何も言わなかったのか・・・



ここまできたらはっきり言うしかないのにね・・・




そうだよね・・・


旦那の考えてる事が私にはわからなかった・・・


でも私は旦那を責める資格はない・・・



たった2日しかたってないのに

友達との会話は次から次と続き

話題は尽きなかった

あっという間に時間は過ぎ

友達は帰る時間になった



絶対また連絡してね!!!



今日の夜も気をつけてね



あいつにもよろしくね!!!



こっちでまた何かあったら電話するよ



元気でね〜〜



うん!!必ずまた連絡するよ




この間の涙の別れと違って


今回は笑って友達と別れる事ができた




それから私は



あいつの会社に向かって車を走らせた・・・
posted by riko at 16:58 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月11日

離婚届けの提出・・・

弟のアパートで不安な夜を過ごした

朝になり私は弟に車を借りて

あいつを迎えに行く事にした

弟は


気をつけて行ってこいよ!!!



と言って車を貸してくれた


私は友達に電話して昼間に友達と会う約束をした

そして友達に会う前に離婚届を提出してこよう・・・

そう決めて私は昼過ぎには弟のアパートを出た

車を走らせて 私が住んでいた町を通った・・・


誰かに会うかもしれない・・・


すぐそこには


子供達がいる・・・


会いたい・・・


また涙が出てきた・・・


その感情をおさえながら

私の町を通り越して

役所に向かった


狭い町なので役所についても誰かに会うかと

思うとヒヤヒヤだった

私は深く帽子をかぶり

顔が見えないようにしていた


窓口に行き離婚届けを出した

窓口の人は淡々としていた



離婚するのにあたって



旧姓にもどりますか??



と言われた



旧姓に戻らなくても



今のままでもできるんですか??






出来ますけど そのままの名前にするなら




こちらの書類も書いてもらわなきゃいけません




そうなんだ・・・


離婚しても旧姓に戻らなくて


今の苗字を名乗る事が出来るんだ・・・


ふ〜〜ん


でもめんどくさいや・・・



旧姓に戻ります




わかりました
 



では少しお掛けになっておまち下さい




そう言われて座って待っていた

何分かたって

○○さん〜〜〜



と私の今までの名前(結婚した時の名前)を呼ばれた

私はカウンターに行った



離婚の手続きは終わりました・・・



旧姓に戻ると言う事は



本籍も住所も変わりますね・・・



本籍は結婚する前の旧姓の場所でいいですね




はい それで結構です




そしたら 県外の住所に




住民票も移さなきゃいけませんから




一緒に転出届けも出しておきますね




2週間以内に県外の役所に




転入届けを出しておいて下さい





はい・・・



なんだかいろんな事しなくてはいけないんだな・・・



もうしばらく掛けておまち下さい




そう言われて私は待っていた


しばらくすると私の旧姓を呼ばれた


私は全然 気がつかず知らん顔して座っていた


今まで10年近くも旧姓で呼ばれた事が


なかったから本当に気がつかなかったのだ


何回も旧姓で呼ばれて





私の事なのか???






私だ・・・










私の事を呼んでる・・・







やっと気がついてカウンターに行った

役所の人もさっきまで

普通に私の事を結婚した時の苗字で呼んでいたのに

すぐに旧姓で私を呼べるもんなんだ・・・

同じ人なのに・・・

事務的なんだなぁ〜〜

私はおかしかった・・・



こちらが転出届けの書面ですから



転入する役所に出してください




それから国民健康保険の手続きと


国民年金の手続きと・・・


淡々と役所の人は説明を始めた・・・


なんだか一杯やる事があるんだ・・・


訳わからないよ・・・


今まで全然ノータッチだった事が


全部私についてまわる・・・


離婚の手続きって


大変な事なんだ・・・


とその時私は実感したのだった・・・
posted by riko at 12:47 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月08日

不安な一夜・・・

旦那との電話を切って

子供達が泣いていると聞き

また私は涙を流していた・・・


ここ何日か泣いてばかりの私だ・・・


こんなに涙ってでてくるもんなんだ・・・


頭がガンガンするくらい泣いていた・・・


私はもう旦那と子供達の所には

帰ることができない・・・

分かっていた事なのに

心がフラフラしてる自分がいた

今さら何を思っているんだろう・・・

私はあいつの事を信じて

出てきたのに・・・

私もこれからの事を

考えよう・・・

いつまでもメソメソしていられないと・・・


あいつは私の事を心配してきて

何回も電話してくれた

あいつ


明日 家を出てくる!!




と私に言った・・・



そして私に迎えに来て欲しいと言った


とうとうあいつも家を出てくるんだ・・・


私とあいつは


本当に一緒になる事が


できるのだろうか・・・


不安な夜を私は


弟のアパートで過ごした・・・
posted by riko at 16:22 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月07日

親の諦め・・・

私は旦那の携帯に電話していた・・・

旦那がでてきた



もしもし・・・




私・・・




子供達は大丈夫??




泣いてるよ・・・




親にはまだ何も言ってないの??




まだ何も・・・




どうして・・・



旦那との会話はぎこちない会話だった・・・


俺はずっと2階の部屋にいて



母親が来て言っていたよ・・・



どうしてrikoちゃんは出ていったの・・・



おまえは何も知らないのか??



もしかして



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



オトコ・・・



オトコなのか???




そうなのか???



って言われたよ・・・



だから正直に話したよ



そしたら



そうだったのか・・・



それならこれからの事



考えなくちゃダメだわ・・・



出て行ったもんは忘れて



子供とこれからの事を考えなさい・・・



そう言ったよ・・・



そうなんだね・・・

もう親も分かっているんだね・・・

私は絶対 帰る事はできないんだよね・・・

それでいいんだ・・・



旦那は結局

自分の口から親に話する事は

できなかったのだ・・・



旦那は



また何かあったら電話する・・・




と言って電話を切った



親に私の不始末がわかり


私の存在もなくなったものだと言われて


子供にはこれからは


母親がいない生活をしていくと


はっきり言われた・・・


これで私は完全に帰る所がなくなったのだった・・・
posted by riko at 17:09 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月06日

私がいなくなった家・・・

弟と1日を過ごして次の日から

弟は仕事に行った

私は弟のアパートで一人になり

寂しさを紛らわす為に

弟のアパートを掃除しまくっていた

そして一段落してから友達に電話した



もしもし・・・




今 大丈夫??




rikoちゃん!!



大丈夫??



うん・・・




寂しいけど とりあえず元気にしてる・・・



そっちは大変でしょ・・・




大変ってもんじゃないよ・・・




仕事場に旦那さんのお母さんがきたよ・・・




やっぱり・・・


探しにくるのが当然だよね・・・



で なんて言ってた??




それがね・・・



rikoちゃんが出て行ってから



旦那さん何も言ってないみたいなのよ・・・



工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ工


ウソでしょ・・・



でね・・・



旦那さんのお母さんが



この内職の仕事場に来て




私に聞いたの・・・



どこに行ったか・・・



全然 見当もつかないわ・・・



何か不満でもあったのか・・・



私はrikoちゃんを自分の娘のように



かわいがっていたのに・・・



黙っていなくなるなんて・・・



狐につままれたとしか言い様がないわ・・・



子供達も泣いてしまって



かわいそうで見ていられないわ・・・



って言ってたわ



その話を聞き


涙が私の頬をつたっていた


もう泣きたくないのに


また涙が出てきた・・・



旦那は何も言わないでいるんだ・・・


ただ黙って子供達が泣いているのを


見ているだけなんだ・・・


旦那は私が出て行ってから


ちゃんとする!!っていう事は


こういう事だったのか・・・


私は思わず旦那に電話したのだった
posted by riko at 15:57 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月05日

弟との1日・・・

弟のアパートに泊まって朝がきた

弟は仕事が休みだったので

二人で私の携帯電話を買いに行く事にした

私が持ってきた携帯は

旦那との約束通り電源を切っておいた

電源を入れておいて

子供からの電話がかかってきて


話をしたい・・・


その気持ちを押し殺して

私は電源をつけずにいた

携帯電話を購入して

すぐあいつに電話した




もしもし・・・




これが新しい電話番号だからね




わかったぞ!!!




それより大丈夫か??




なんとかね・・・




今日は弟がいるからまだ大丈夫だよ・・・




明日になったらへこむかもね・・・




すぐに俺がいくから




待っててくれ!!!




そんなやりとりをしていた



電話を切ってから弟と一緒にアパート情報誌を見ながら

めぼしい所に目をつけながらアパートを探していた

お昼頃になって弟の携帯がなった・・・

私の母親だった・・・


もしもし!!



どこにいるの!!!



お姉ちゃんと一緒なの??



お姉ちゃんと一緒ならだしなさい!!!




まず〜〜〜い・・・



もう足をつかれた・・・



私はこわごわ電話にでた・・・


もしもし・・・



あんた!!!



何してるの!!!



子供から泣いて電話かかってきたよ!!!


お母さんどっか行ったよ・・・って


おばあちゃんの所に行ってないの・・・って



何考えてるの!!!



早く帰りなさい!!!



帰らないよ・・・



帰れないし・・・


そう言った

そして私はまた泣いていた

母親はまだ話をしていたのを

聞かずに電話を切った

そのまま弟とアパートに帰った・・・

帰ってからも何回も母親から

弟の携帯に電話がかかっていた

それをずっと無視して

私と弟はその日を過ごした・・・

posted by riko at 16:33 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月02日

家を出たその後・・・

弟の車は私を乗せて

実家の町に向かって走っていた

30分くらいしてから私の携帯がなった



旦那??


それとも


子供???


いや まだ子供は寝ているはずだ・・・


だったら旦那なのか??



電話をみたら友達だった

私はすぐに電話にでた




もしもし・・・




rikoちゃん・・・




やっぱり もう家出ちゃったの???




うん・・・出てしまったよ・・・




そうなんだね・・・




友達の声が泣いていた・・・


泣いている友達の声を聞いて


私も泣いていた・・・


わかったわ・・・



着いたら必ずまた連絡してね・・・



ごめんね・・・



必ず連絡するよ・・・



そう言って電話を切った



どれだけ泣けば済むのだろう・・・


これからは泣いてばかりいるんだろうか・・・


それでも


私はやっぱり泣き続けていた



車は2時間程で実家の町に着いた

とりあえずコンビニに寄って

アパート情報誌を買った

弟のアパートについたのは

もう夜中の1時を過ぎていた

すぐに寝て早く時間が過ぎればいい・・・

と私は思っていた

そのまま布団に入ったけど



眠れない・・・


朝になって

子供が起きたら・・・

とか

あいつは本当に来てくれるのだろうか??

とか

いろんな事が頭の中でグルグル回っていた



もう考えたくない・・・


何も考えなくてもいいように


眠りたい・・・


私は眠る事によって


自分のやってきた事を


忘れたかった


そして朝になった・・・
posted by riko at 17:56 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年12月01日

弟の一言・・・

暗闇の中を泣きながら一人で歩いて

内職をしていた仕事場まで行った

仕事場についてあいつに電話した



もしもし




大丈夫か??




う・う・う・うん




私は泣きじゃくっていて


まともに返事ができなかった




もう着いたのか??




つ・つ・つ・ついたよ・・・




じゃあ今から弟と行くからな!!!




わかった・・・



そう言うのが精一杯だった

電話を切ってからも私は泣き続けていた

20分ぐらいして

あいつと弟が来た

ドアを開けて二人は私の顔を見て

気まずい雰囲気になっていた


あいつ



もう泣くな!!!



大丈夫だから!!!



心配するな!!!




そう言った


そして出て行く為に今まで

コソコソと運んでいた

荷物を弟の車に積んだ

少しだけの荷物だったので

すぐにつみ終わった

そして3人で車に乗って

私の住んでいた町を後にして

車を走らせた・・・


車の中は

誰も話をしなかった・・・


私だけが一人ずっと泣いていた


泣き声だけが車の中で響く・・・


涙が止まらない・・・・


あいつも黙っていた・・・



弟はハンドルを握り

インターの所まで車を走らせていた

インターについて

あいつが降りた


じゃあ気をつけてな・・・



着いたらまた電話してくれよ!!!



あさってになったら俺が行くからな!!!



心配しなくても



必ず行くから!!!




もう泣かなくてもいいから!!!




わかったよ・・・



じゃあ行くね・・・



そう言ってあいつと別れた・・・


車はインターから高速に乗ろうとした時

弟が私に言った



本当にいいんだろうな!!!



最後にもう1回だけ聞くぞ!!!



いいんだな!!!



私は・・・・


今ここでイヤだと言ったらどうなるの??


このまま家に帰れるの???


そんな事できるのだろうか???


そんな事が頭の中をよぎった・・・



私は決めたんだ・・・


あいつと一緒に出てくる事に・・・



弟に


いいよ・・・



もう決めたから・・・



じゃあ行くぞ・・・



そう弟は言って実家の方に車を走らせた
posted by riko at 17:36 | TrackBack(0) | rikoの話

3回目のバトン

風邪を引いて1日寝込んでたrikoです!!!

今日から復活しますね

という事で

ヒミツの婚外性活のviviちゃんから

バトンを受け取りましたので

お答えいたしまっす!!!


   かわいい身長 体重は?  女性はスリーサイズも

           身長   あんまり大きくないの・・・
                155センチです
           体重   47キロです
           バスト  84センチ
           ウエスト 64センチ
           ヒップ  88センチ


   かわいいヘアースタイルは?

           セミロングのストレートです
           色は栗色かな??
           

   かわいいトップの服装の傾向は??

           かわいい服が好きかな??
           でもシンプルのも好き!!
           気に入ったのであればなんでもOK!牧場です!!

   
   かわいいボトムの服装の傾向は??

           仕事着がスカートなので
           普段はジーパンばっかりです
           出かける時はパンツばっかりです


   かわいいシューズの傾向は??
         
           普段はジーパンばっかりなので
           スニーカーです
           夏になるとミュールです
           冬はブーツですけど
           ここは雪がたくさん降る所なので
           たまに長靴履いて仕事に行く時が
           あります(仕事の時だけですよ〜〜)
           ( ≧∇≦)ブハハハ!


   かわいいアクセサリーの傾向は??

           仕事上 指輪、ピアス、全部ダメなので
           普段からつけてません
           でもエアロビクスをしていた大好きな先生が
           留学の為、海外に行ってしまい
           その時のお別れの時に
           もらったブレスレットは仕事以外の時は
           つけてます


   かわいい下着の傾向は??

           下着はシャ○レの物をつけてます
           やっぱり下着はこれが一番です!!!


   かわいいバトンを渡す人

           う〜〜ん!!
           これが一番の難点です・・・


           りんちゃん
           ゆみちゃん
           りりちゃん

           迷惑でなかったらお願いします!!!




         では★・・・\(^・^*)(*^・^)/・・・★よろしくです!!!
           
posted by riko at 16:58 | TrackBack(0) | rikoの余談
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。