2005年10月31日

私VS奥さん

奥さんの自宅に電話した・・・




私はとうとうその扉を



自分から開いたのだ







ルルルルルル・・・・・










すぐにはでてこなかったたらーっ(汗)












ルルルルルル・・・・・・














私の心臓の鼓動はすごい事になっていた爆弾




もしもし





と奥さんが出てきた




もしもし!○○ですけど・・・




ちょっと話したい事があるんですけど・・・





なんですか??





奥さんもビックリしていたに違いない・・・





○○さんね!!!




私とお宅の旦那さんが浮気していたのは




間違いないけど




もう私達は別れたんだって!!!




奥さんにあんな嫌がらせされて




私も散々な目にあったわ




二人はもう関係ないから




これ以上嫌がらせはやめてくれないちっ(怒った顔)




私は密告電話の真相を聞こうと思っていたのに

緊張していたのかいきなり




お宅の旦那さんと浮気してました!!!




なんて言ってしまったのだ・・・





そうすると



散々な目ですって!!




どっちが散々な目なの!!




こっちの方が散々だわよむかっ(怒り)




確かにごもっともだ


それでも私は止まらず言ってやったのだ



だから二人はもう別れたんだから




もう私に嫌がらせを




するのはやめてくれない!!




って言ってるのよ




それと近所の人にまだそんな噂を




振りまくのはどうかと思うけど・・・




そんな事してたら旦那さんが




帰ってきたくても帰るのが




イヤになるんじゃないの??




ちゃんと旦那さんに




やさしくしてあげてよ!!!






なんで私が奥さんに


旦那さんにやさしくしてあげて!!!


なんて言わなきゃいけないんだろ!!!


おかしい話だ・・・


奥さんは




そんな事言われなくても




ちゃんとするわよ!!




あなたこそ人の家庭をかき回して




今さらなによ!!!!






奥さんも私もヒートアップしてる




私は一言




それは謝るわ・・・




その事は本当に悪かったと私も認めるわ




すみませんでした・・・





私は奥さんに対して謝ったふらふら




だからこれからはお互いに家庭の事を




ちゃんとしましょう




もうお互いにかまうのは




やめましょう!!




そうね!!




あなたと旦那が別れたと言うなら




これ以上かまいたくもないわ




わかったわ





私もこれ以上 噂が広まると




ここにはいられなくなるわ




近所への噂や私に対しての




嫌がらせもやめて!!




旦那さんの事見てあげて・・・






密告電話の話は一体どこに行ってしまったのか・・・



何回も何回も二人は


同じ事を繰り返し言ってた








嫌がらせをやめて!!



二人は別れた!!



家庭をめちゃめちゃにしたの誰!!!





この文句が何回もでてくるのだ・・・

同じ事の繰り返しで私もうんざりきてた




奥さんがこれからちゃんとするなら




私もこれ以上何も言わないわ




それでも旦那さんが私の方に




向いてくるんだったら仕方がないわね!!




奥さんが振りまいた




噂のせいで私が家を追い出されて




お宅の旦那さんが




追いかけてきてもしらないからねパンチ




とまたまた私は



奥さんがヒートアップするような事を言ったのだ



そしたら奥さんは





































なんと




















そうなったらそうなったで





旦那にノシをつけて





くれてやるわダッシュ(走り出すさま)





と言ったのだ
















おもしろいじゃないかるんるん


















そうなったらノシでもつけて頂こうじゃないか!!!




















それも上等のノシをつけてぴかぴか(新しい)




















頂こうじゃないか!!!!

















と私は心の中で思っていたのだった
posted by riko at 15:05 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月29日

私の反撃・・・その2

私は奥さんに密告電話の真相を

いつ聞こうかとチャンスをうかがっていた

奥さんはあいかわらず噂を振りまいていたダッシュ(走り出すさま)

奥さんには二人は別れたと言っていたが

奥さんは信じる事ができず

あいつは奥さんに毎日責められていた

かわいそうなくらいだった・・・

あの例の日記帳も

事細かに奥さんは毎日更新していたのだ



まるでブログのようだよ



私は日記を書こうと思っても

すぐに挫折するのに・・・




本当に尊敬するよるんるん




スパイの友達と奥さんの家にわざとらしく

行ったりもした

今考えるとすごい事してたと思う・・・

まあ 奥さんは「家には入って!」なんて

言ってはくれなかったけど

私は奥さんがどんな様子でいるか

確かめたかったのだ



恐いもの知らずの私だ



私は当時 

無言電話や密告電話や見張りをつけられて

本当にストレスが溜まっていた・・・

食べても食べても痩せていく・・・

みるみる内に体重が5キロも落ちた




ダイエットにはもってこいかわいい




な〜〜んて言ってる場合じゃない・・・

毎日顔を見てる近所の友達には 




「嫁 姑で大変なの??」



「そんなに痩せて体のどこか悪いんじゃないの??」



と言われる程だった




いつまでも奥さんの嫌がらせも続き



あいつも責められて



二人はどん底に堕ちていった



あいつも我慢できなくなっていた

そんなあいつを見ていて





私はとうとう堪忍袋の尾が切れたのだ!!!




気が付いた時には

私は奥さんの自宅に電話していたのだった

我慢できず奥さんと




直接対決





という修羅場に突入したのだった
posted by riko at 13:39 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年10月28日

私の反撃・・・その1

密告電話で私の気持ちに火どんっ(衝撃)がついた



奥さんに直接言ってやろうじゃない!!



どうして愛人?の私の方から



奥さんに話をするのか・・・




反対じゃないのか???




それでも私の気持ちはおさまらなかったのである




はっきり聞いてやるわっパンチ




でもいきなり話をするのは・・・

少し考えなくては・・・



ある日子供の参観日があった

その時に奥さんと一緒になったのだ




絶好のチャンス手(チョキ)




帰り道で奥さんを捕まえた




ねぇ〜〜○○さん!!





ちょっといい??





ねぇ〜〜





と最初は参観日の話とか先生の話をしていた

しばらくは普通の話をしてた

いよいよここからだ!!!



最近私の家によく無言電話が




かかってくるのよね・・・





こっちが電話に出るとすぐ切れちゃうんだよ





いやらしいと思わない??





○○さんの家にはかかってこない??





奥さんの顔を見た・・・





やっぱり・・・












やっぱり顔がこわばってる・・・・












はは〜〜ん












図星だな・・・














もっとつついてやるわっ

















家の電話ね かかってきた人の番号が





分かるようになってるんだよね〜〜





奥さんの顔がさっきよりもっとこわばっていた



やっぱり・・・


無言電話は全部おまえかぁ〜〜


これではっきりした訳だ



奥さんは黙ったまんまでつんけんして帰って行った

私はなんか拍子抜けした感じだった

あんなに勢いがある奥さんなのに

いざ私から言われると何も言わないのだ



無言電話の事もはっきり分かった事だし

あとは密告電話の事をはっきりしなくては・・・


それから私は奥さんにいつ話をしようかと

悶々とした日々が続いていたのだった
続きを読む
posted by riko at 15:13 | TrackBack(0) | rikoの話

2005年10月27日

密告電話・・・その2

誰かが私の家に



密告電話をかけてきた!!!



一体 誰なのよ!!!



旦那は黙ってその密告電話を聞いていた

電話の内容は



奥さんが浮気してます




はい!!その通りです





しかも近所の人です




それも当たってる





お願いですから○○さんの旦那さんと



奥さんを別れさせて下さい



そんな事言われても・・・





奥さんは心労がたまって



寝たきりになってる・・・



ウソだろ〜〜〜



寝たきりになんて



なってないだろ〜〜が!!!



そんな内容だった・・・

まだまだたくさん文句を言われたが

旦那は一言




どちら様ですか??





と聞いた

相手の人は




名乗る程の者ではありません・・・




と言った

私はその声を聞いて奥さんではなく

別の人だと確信したひらめき

それでもこんな電話をかけてきて




名乗る程の者じゃない??





ふざけんなよ!!





なんて都合がいいんだ!!!







名前を言えよ!!!







と私は2階で電話を聞きながら怒り狂っていた

旦那はそのまま相手の話を聞くだけ聞いて

電話を切った・・・

それから私の所にきたのだ



今 電話かかってきたぞ!!





あいつとおまえが浮気してる!!って





家にまで電話がかかてくるように





なってきたんだぞ!!





どうするつもりだ!!!





・・・・・・・・・・・・・・・・・




何も言えない私・・・・・・・





電話の相手は誰だったの??






そう言うのが精一杯だった




誰かわからないよ・・・





もう噂も広がってるし





どうするつもりか





よく考えろ!!!





と言われた


どうするつもりって・・・


私もわかんないよ・・・


どうしたらいいのかわからなくなっていた

密告電話のせいで私は

怒りと恐怖に入り乱れていたのが

正直な気持ちだった・・・







次の日にスパイの友達に密告電話の話をした

奥さんはすぐに友達にこう言ったらしい・・・




あの女の家に密告電話をしてやったわ





これで痛い思いをすればいいわ!!





旦那さんにもばれたから





あの女もあの家を追い出されるわ





と・・・・

奥さんは自分で電話するのがイヤだったらしく

奥さんの親戚の叔母さんに頼んで

電話をかけたのだ





セコイ!!セコすぎる!!!







自分で電話してこいパンチ









妻なら正々堂々と向かってこいよちっ(怒った顔)













奥さんは勝ち誇ったように友達に話をしたのだ




何 言ってんだよ!!










勝負はまだまだこれからだぜパンチ











私は




売られたケンカは











いくらでも










買ってやろうじゃない!!















友達からその話を聞き私は奥さんに対して








カマをかけて聞き出してやろう!!





と試みる事にしたのだった
posted by riko at 15:29 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月26日

密告電話・・・その1

奥さんにはあいつと私は別れた事になっていた

当然 別れた事になっているので

会う事も出来ない・・・

電話でコソコソする毎日だった

奥さんは二人が本当に別れたと思っていたが

本当はどうなのか??と疑っていた

あいつが家に帰ってきても

素っ気ない態度なので奥さんはイライラきてた

そうなるとまたまた奥さんの逆襲が始まる・・・



あいつの事を攻める


なじる・・・


奥さんの攻撃があいつを直撃する


まるで虐待のよう・・・


事態は悪化する一方だった

奥さんもあいかわらず家の事をしないで

近所の人に噂を振りまいていた

しかも自分の家の恥ずかしい不始末をさも


自分は悪くない!!


と言うように噂話にハナを咲かせていたのだった


オメデタイ人だ・・・


私もいい加減 奥さんにはホトホト

疲れきっていた

何を言っても聞かない奥さんだから

もう開き直るしかないと思っていた




ある日私が自宅の2階にいて

旦那も家にいた時に自宅の電話がなった

旦那が下の部屋でその電話をとったのだ・・・

家は親子電話だったので2階で私が

電話をとっても話は聞こえるのだ




もしもし!!





と旦那が電話をとったのと同時くらいに

私も2階で電話をとったのだ




その電話が密告電話とも知らず・・・





旦那が電話をとったら

相手の人が




もしもし・・




○○さんですか??




実はお話したい事がありまして・・・




お宅のお嫁さんが隣の町の




○○さんの旦那さんと浮気してるのを




ご存知ですか??










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











誰??一体誰だよ〜〜〜!!











ふざけんな〜〜













名を名乗れ〜〜〜












私は2階でその電話を聞いてかたまっていたのだった

posted by riko at 14:54 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月25日

奥さんの反省??

あいつが奥さんに




離婚してくれ!!





と言った・・・

あいつが家に戻ってくるように努力をしないで

あいつを突き詰めていったのだ

近所の人に浮気の事をばらし

子供にも話をして

家の事は結局ほったらかし状態だった

あいつの奥さんへの今までの不満が

積もり積もっていて

こんな結果になった事も

もちろん奥さんは気づいていなかった

友達の助言も意味のない助言だった

あいつが離婚しよう!!と言っても

奥さんは聞く耳をもたなかった

それでもあいつ

奥さんに離婚してくれ!!

しつこく言い続けていた

あいつ



そんなに離婚するのがイヤなら




ちゃんと家の事してみろ!!




休みになると子供の面倒も




俺にまかせっきりで




自分は好きな事してて




俺が今まで我慢してたのが




わからないのか!!




少しは俺の気持ちを考えてくれ




と言ってやったのだ

とりあえず私とあいつ

奥さんの異常な行動から




二人は別れた・・・




という事にしよう!!

と決めた・・・


あいつは奥さんに




もう別れたから




ちゃんと家の事してくれ!!




今までの結婚生活で




俺の事ないがしろにしていたのが




こういう結果になった・・・




それを分かっているのか??




これからはちゃんとしてくれ・・・




言ったのだ

奥さんはそう言われて




今さらそんな事言えるのか!




自分のした事を分かってるのか!!




ボケ!!!!




私のどこが悪いの!!!




あんたはアホやわ!!




あの女も結局あんたを




捨てたんじゃない!!




あの女は元々離婚するつもりなんて




なかったんだわ!!




あんたはやっぱり騙されたんだわ!!




アホな男やわ!!!




アホ!!!




と話にならない状態だった

しかし・・・

ボケ!!!!とかアホ!!!と言われて

あいつも辛いなぁ〜〜〜

奥さんが機関銃のように

話をされてあいつ

何も言えずにいた

それからでもしつこく

あいつは奥さんに責められていた

あいつ




もう別れたからその話を出すな





と言っても奥さんは何かと私の話をだし

結局

 

家の事は中途半端


近所の人へどんどん今までの話をする


全然変わらなかったのだ






この時期は奥さんは私の事を



奥さんに浮気の事がばれていないよね!!


ばれないようにしなくちゃ・・・


と思っていたらしい


要するに


私が奥さんに浮気はばれていないと思って


好き勝手してると奥さんは思っていたのだ


勿論 私の旦那の事も

私が浮気してるなんて

絶対知らないはず・・・


あの女は旦那さんが知らないのをいい事に


家の旦那に手を出して浮気をずっとしてる!!


と奥さんは思っていたのだ


でも本当は私も旦那も

奥さんにばれていると分かっていたのだ

ばれているのを承知だったのだ



知らなかったのは


奥さんだけだったのだ・・・

posted by riko at 15:36 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月24日

あいつが奥さんに・・・

無言電話・・・




自分の子供に浮気相手の名前を教える・・・




見張りをつけて私の行動を見てる・・・




私に対しての嫌がらせはまだまだ続いた・・・

私は本当に誰かがどこかで見てるかと思うと

買物に行くにもいつもビクビクしてた

奥さんの嫌がらせは私にもあったが

あいつに対してもすさまじいものがあった

会社にちゃんと行ってるか

会社の前に車があるかとか

奥さんの友達に追跡してもらっていたのだ

あの例の日記帳もそうだが

携帯電話のチェックもされた

そのチェックも細かいのだ・・・

電話帳を見て

同じ名前がひらがなと漢字の名前がある

でも電話番号が違う!!

と言うのだ



するどい!!!



お手上げだよ・・・



何しろ重箱の隅をつつくくらいの勢いなのだ



あいつもいい加減な所があり

私との履歴は消すように!!

と何回も念を押していたのに

忘れる事もしばしば・・・

奥さんのワナにまんまとひっかかるのだ・・・




もぉ〜〜〜〜




しっかりしてよ〜〜




って感じ・・・

車の中も勿論チェック

あいつの持ち物もすべてチェックしまくっていたのだ


私とあいつは段々 息が詰まってきた・・・




あいつは奥さんに


怒鳴りちらし 


奥さんもあいつの事を


なじる・・・


あいつが家に帰っても




あの女と会っていたのか!!





といつも



ストレートに責められる・・・


そして追い込まれる・・・


あいつの家庭は本当に崩壊の道に突き進んでいる感じだった


あいつはことごとくチェック魔の奥さんに

嫌気がさし とうとう怒り爆発したのだ

そして・・・




あいつはとうとう




離婚しよう!!





と言ったのだ・・・

ついに奥さんにこの一言を言ったのだ

奥さんの怒りが爆発したむかっ(怒り)




私と離婚してどうするつもり!!





あの女と一緒になるのか???





あんたはアホやわ





あの女に騙されてるのが





わからないのか!!!




あの女が離婚すると思うか??





する訳ないわ





あんたは騙されて捨てられるわ






すごい!!


すごすぎる!!!


さすが妻の座か!!!


妻の座は強いものだ・・・


言いたい放題ではないか〜〜


ここまで言われるとこっちも




黙っていられないぜぃパンチ



私は奥さんに一発言ってやろうじゃないかパンチ


と私と奥さんと

直接対決する体制になってきたのだった
posted by riko at 15:00 | TrackBack(0) | あいつの話

2005年10月21日

奥さんの嫌がらせ・・・その2

奥さんが私の所に電話して私と話をした事を

奥さんは友達に愚痴っていた




あの女 私が電話しても





平然としてて悪びれる所 全然ないのよ!!!





どういう神経しているのか!!!





あんな女だから家の旦那を





そそのかしたんだわ!!





今は旦那とそういう関係かもしれないけど





飽きたら ポイッって旦那の事





捨てるに違いないわ





人の家族を散々ひどい目に合わせて





イヤになったらさよなら!!ってするのに





決まってる!!!!





私が電話してても





聞いてるのか聞いてないのか





うわの空だし・・・





怪しいと思わない??





途中であの女の携帯が鳴っていたわ!!





きっと家の旦那やわ





旦那もアホやわ





あの女に騙されてるのも知らずに・・・





と 友達に言ってたのだ




なんなんだよ!!



騙されてる!!って何よ!!!



自分の悪い所を認めないで




私の事 散々言いやがってちっ(怒った顔)





またまた私は怒りモードになってきたのだ

何を言っても奥さんにとっては

私は悪者なのだたらーっ(汗)

奥さんの推測は当たっているけど

あいつの事をポイッって捨てるなんて

そんな事ある訳ないだろ〜〜




こんなに好きなのに揺れるハート





しかし 友達のスパイもなかなか大変だ・・・

本当に私はこの友達に感謝してるるんるん

嫌がらせはまだまだあった

その嫌がらせはもっともっとすごいものだった



あいつの子供に




○○ちゃんのお母さんとお父さんは





浮気してるんだよ!!





なんて事を自分の子供に言っていたのだ!!!








バカじゃないのか・・・・








いくら許せない事をしていたのにもかかわらず

自分の子供にそんな事を言っていたのだ

言っていい事と悪い事があるじゃないのか・・・



一体 奥さんは何をするつもりなんだろう・・・



あいつの事が好きじゃないのか・・・




憎しみからそういう行動に出ているのだろうか・・・



わからなくもないが・・・

何しろ私は奥さんの嫌がらせだけで

段々疲れきっていたのだった
posted by riko at 16:11 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月20日

奥さんの嫌がらせ・・・その1

奥さんの嫌がらせはそれから続いた

私はいろんな事をされた!!!

まず1番多かったのが




無言電話だ・・・




私の家の者が出たら黙って切る

子供でも親でも旦那でも

誰が出ても無言でしばらくすると電話を切るのだ

私の旦那は感づいていた

多分あいつの奥さんからだと・・・

近所でもある意味 有名な奥さんだから

それくらいするのだろうと気づいていたのだ

それでも旦那は何も言わなかった

一度 あいつとの密会を決行しようと

用意をしていたら自宅の電話がなったのだ

夜の10時頃だったと思う




もしもし!!





と 私が電話にでた

奥さんはあいつと私が密会をしてると

思い込んでいて私が家にいるかどうか

確認の電話だったらしい

私が電話に出てきたので奥さんはビックリしたのだ

思わず奥さんは声を出したのだ




もしもし





○○さんですか??





私はすぐに




ピ〜〜〜ンひらめき





ときた

こんな遅く電話なんてめったにかかってこないから

すぐに奥さんだと思った

ここは




平常心・・・平常心・・・




口火をきってしまうと負けだ




はい!○○です





奥さんは




○○ですけど・・・





こんな夜分にすみません・・・





rikoさんいらっしゃいますか??





私ですけど どうしたの??





あの明日の子供が持って行く





用意なんだけど・・・





と訳の分からない理由をつけて話をしだしたのだ





ミエミエなんだって








びびってんじゃないよ・・・








私は奥さんに勝てる!!




挑戦的な考えを抱いていたのだ

しかし それからの奥さんの話は長かったのだ

私はあいつとの待ち合わせの時間を

気にしながら奥さんと話をしてた




○○さんの所はいいわね〜〜






もぉ〜〜〜




そんな話なんてどうでもいいよ・・・





旦那さんも優しいし





給料もたくさんあるんでしょ〜〜





家の旦那は給料少なくて





ろくでなしやわ〜〜








バカじゃないの??





やっぱり奥さん分かってないわっ







あれだけ私の友達が

旦那をないがしろにするな!!

と言っていたのに しかも浮気相手と分かっている

私にあいつの事を言い出したのだ

それじゃ 話にもならない

話は右から左で私は時間だけ気にしてた

そしたら・・・

私の携帯がなった!!!

あいつだ!!

慌てて電話を座布団の下に隠して音が聞こえないようにした




奥さんに聞こえたかな??





電話は切れてまたすぐ鳴った

またあいつだ!!



電話が鳴っているのに出れない・・・


奥さんの話は続く・・・


話は上の空・・・


奥さんは自分の話が終わると




こんな夜遅く





ごめんね〜〜





と言って電話を切った


なんなんだよ〜〜



自分の言いたい事だけ話して

一方的に電話を

切りやがって!!!

それから私はすぐにあいつに会いに行ったのだ



あいつに会ったら




何回も電話かけたのに





何してたんだ??





出ようと思ったら奥さんから





電話がかかってきたんだって





なんで??





私が夜抜けしていたか





確認の電話じゃないの??





アホな事するな〜〜





気にするなよ・・・





全くあいつも能天気な奴だ

これだけ奥さんがリアクションを出してきてるのに




アホexclamation×2





の一言で片付けられてしまうのだ

奥さんも報われなよな〜〜

それからその電話の事をまたまた

友達から聞く事になるのだった
posted by riko at 15:38 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月19日

奥さんの怒り・・・

奥さんが誰かに見張りをつけて

私が家を出る所と入る所を確認してた・・・

あいつには興信所を頼んでいた・・・



すげ〜〜〜よ!!!



私は友達からその話を聞いた




rikoちゃんが家出る所を





誰かに頼んで見ていたらしいわ





うそ〜〜!!!





それで奥さんなんて言ってた??





rikoちゃんが出て行ってから





すぐに電話したら





子供が出てきて実家に行った!!って





言っていたけど 





そんなのウソに決まってるわ





家の旦那と会っていたんだ!!





実家に行ってたなら





お土産の1つぐらい





買ってくるのに!!





手ぶらで帰ってきた!!





そんな事まで観察していたのだ・・・


ふんふん・・・ちっ(怒った顔)




やってくれるじゃないか!!!





やってやろうじゃないか!!!






私が実家に行ってお土産を




買ってくる買ってこないのも




関係ない事だ





余計なお世話だ・・・





私は奥さんに対して腹がたっていた




文句があるなら直接言ってこいパンチ





と覚悟を決めていた




やってやるわっexclamation×2



いつでも勝負に出てやるわっ



と・・・・

きわめつけがもっとすごい事を言ってた




家の旦那と会っていたのに





帰ってから子供と嬉しそうに





歌まで歌ってはしゃいでいた!!!





信じられる??





とにかく私のやる事なす事すべて許せないのだ・・・



当然の事だろう・・・



それから興信所の事も

あいつがうまい具合に逃げたので

興信所に怒ってどなりつけたらしい



10万も払ったのに





一体どういう仕事してんのよ!!





ロクな仕事してないんだから





金 返せ!!!





と くってかかったのだ

興信所は勿論お金を返さないで




今度はしっかりします




と言ったらしい

でも奥さんはまた10万払うのが惜しくなって

興信所の依頼をそれっきり辞めてしまったのだ

もともと自分の思い通りにならないと

気が済まない奥さんは

興信所がしっぽをつかんでくれなかったから

すぐに諦めたのだ

奥さんの怒りはそれからも

延々と続いて

私にたいして嫌がらせをするように

なってきたのだった・・・
posted by riko at 15:11 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月18日

2回目のバトン

りんさんからなんと私の所にバトンが

回ってきましたわーい(嬉しい顔)

早速 質問に答えるぜぃ揺れるハート



@現在のヘアースタイルを教えてください。

ストレートのセミロングですぅ〜〜かわいい


A現在のヘアーカラーを教えてください。

割と茶色かな??栗色かも!?


B今までにやったカラーは何色ですか?
 失敗談とか聞かせてください。

大体今の色です

失敗は金髪にした事がありますふらふら

でも私は失敗とは思ってないです・・・


C失敗した髪型は何ですか?

若い時にカーリーヘアというものにチャレンジした事があります

寝て起きたら爆発してて毎日の手入れが大変でしたよたらーっ(汗)

(キ▼д▼;)トホホ・・


D今度挑戦してみたい髪型は何ですか?

ベリーショートしてみたい・・・

でもなかなか勇気がないなぁ〜〜


E使用しているシャンプーは何ですか?

ASIANCEです


F過去に使用したことのあるシャンプーは何ですか?

いろいろ使ってます

でもちょっと前まで使っていたオーガニックが好きかな

サラも香りが好きですかわいい


G気になるシャンプーは?

やっぱり サラかなかわいい


H美容液使ってますか?使ってたら商品名も。

使ってましぇ〜〜んダッシュ(走り出すさま)


バトンを回す人・・・

う〜〜〜ん

やってみたい人★・・・\(^・^*)(*^・^)/・・・★よろしく







 




posted by riko at 23:25 | TrackBack(0) | rikoの余談

誰かの見張り

あいつと私が1ヶ月振りに会っている時に

奥さんが私の家に電話してきたたらーっ(汗)

私はそんな事も知らずあいつに会っていたのだ

子供から電話がかかってきた




お母さん!!







知らない人から





電話がかかってきたよ





誰??なんて??





誰か名前言わなかった





でも8時頃には帰ってきます!!





って言ったから早く帰ってきてよ!!!





わかったよ・・・





そう言って子供との電話をきった




すぐに家に帰らなきゃ・・・



きっと奥さんが電話してきたんだ・・・



どうしよう・・・



私は恐くて震えていた

家に帰る途中



また誰かにつけられているんじゃないか



とか

奥さんから



また電話がかかってくるんじゃないか



とか頭の中はいろんな事を想像していた

家に着いた



まわりを見ても誰もいない・・・



大丈夫だよね・・・



私は家に入った




家に入ったら子供が待っていた

3人の子供が待ちに待っていました!!

と私にまとわりついてきた

私は子供に寂しい思いをさせていたと言う罪悪感から

子供と歌を歌ったり 仲良く遊んで子供の相手をしていた





その光景を



















なんと
























奥さんは



































誰かに見張りをつけて




























家の外から・・・・











































見てもらっていたのだった・・・
posted by riko at 15:45 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月17日

奥さんからの電話

奥さんが興信所に依頼したと知りながら

私とあいつは会う事にした



なんて恐いもの知らずなんだろうか・・・



それだけ私とあいつ



恋に溺れていた・・・


旦那は仕事・・・


子供は休みで友達と遊んでる・・・


親は田んぼの時期だったので田植えに行ってる・・・


私は




実家に用事が出来たかわいい





と言って出て行った

車で待ち合わせの場所まで行くのに

誰かにつけられているのかとヒヤヒヤしてた

あいつもつけられているから




気をつけろ!!





と言っておいた

案の定 あいつに見知らぬ車がつけていたみたいだ

あいつはグルグル回り 細い路地やら 

訳の分からない場所に入り

うまい事すり抜けてきた

やっとの思いであいつと私は1ヶ月多りに会えたのだ




大丈夫だった??





大丈夫だよ!!





興信所なんてすぐにしっぽをつかまないよ





そうなの??





すぐ証拠をつかんだら





商売にならないじゃないか!!





そうなんだ・・・





最初は泳がしておくんだよ





ふ〜〜ん



そんなもんなんだ



とりあえず最初の興信所の追跡には

うまい具合に逃げた訳だ・・・

私はそれで安心していたが

それではおさまっていた訳ではなかったのだ

また奥さんがやってくれたのだ



私があいつに会う為に家を出た所を

奥さんは誰かに見張りをつけていたのだった



私が家に出た!!



と言う見張りからの連絡をうけた奥さんが

なんと私の家に電話をしたのだ




もしもし!!





と私の一番上の子供が電話にでた




お母さんいますか??





お母さん○○に行きました





と実家に行った事を言った




何時頃帰って来ますか??





わからな〜〜い





と子供は答えた・・・




じゃあ8時頃には帰ってくるのかな??





うん 帰ってくると思う・・・





じゃあ8時頃また電話しますね





そう言って電話を切ったのだ

そんな事とは知らずあいつと私は

1ヶ月振りに肌を重ねて

愛し合っていたのだった揺れるハート

posted by riko at 12:08 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月15日

奥さんの行動力

奥さんが私とあいつの事を言いふらして

私は本当に毎日 生きた心地がしなかった

噂はあいつの町にはすぐに広まった

唯一 私の町は少し離れた所だったので

私の町にはその当時 噂はまだ流れてこなかった

それでも噂なんてすぐ広まるので

同居してる親にいつ耳に入るかと思うと不安の毎日だった

私はしばらくあいつとの密会は

控えようと決めて会わない事にしてた

しばらくは電話でのやりとりが続いた

1ヶ月ぐらい会わない日々が過ぎた

5月の連休の時にあいつ




もう会いたくて仕方ない・・・





会いたい





会おう!!!





と言ってきた

私も会いたくて 会いたくて気持ちが抑えられなくなっていた

我慢できず私はあいつに会いに行く事に決めたのだ

会いに行くのに用意をしていたら

友達から電話がなった




rikoちゃん!!





あいつに会ったらダメだよ





ええ??どうして???





奥さん しばらく二人はおとなしいから





この5月の連休の間 絶対会うわ!!





って言ってるよ





それで 興信所に依頼してるみたいだよ!!





興信所!!!!




奥さんは興信所に依頼して二人のしっぽを

つかもうと思ってきたのだ・・・・

さすが奥さんは行動力がある

すぐにあいつに電話した

あいつ




大丈夫だって!!!





そんなのすぐにまいてやるよ・・・





そんな問題だろうか???

私はあいつ




もし見つかったらどうするのよちっ(怒った顔)





会いたいけどダメだよ・・・





そう言ってもあいつは聞かなかった

1ヶ月近くも会ってなかったので理性を失っていた

結局 二人は勝負にでて会う事にしたのだった

友達は




絶対気をつけてね





奥さんがもし何か言ってきたら





うまい事 ごまかしておくよ





と言ってくれた




ありがとうぴかぴか(新しい)





私は友達に感謝してあいつに会いに行ったのだ
posted by riko at 12:32 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月14日

人目を気にする日々・・・

旦那とあいつが会ってから

旦那はすごく優しくなっていた




離婚の話は???





一体どこにいってしまったのだろう???




あれ以来 一言も離婚の話を言ってこない旦那・・・

私も何も言わない・・・

そんな日々が続いていた

そうなると私のあいつ




会いたい揺れるハート





という病気がまたまたでてきた

あいつも旦那に一言 言った事で

悪びれる事もなく 私に



会いたい揺れるハート




と当然のように言ってきた

二人はあいかわらず 密会を重ねていたのだかわいい




懲りない二人だ・・・たらーっ(汗)





結局 旦那は見て見ぬふりをして

二人の関係を認めたのだ




でも離婚はしたくない!!





と思いながら黙って耐えていたのだ・・・

私は黙っている旦那がある意味恐かった・・・

いつまた爆発するかと思うと密会していても

生きた心地がしなかった

それでもオンナ・・・

好きなあいつに呼び出されては

ホイホイるんるんと会いに行っていたのだ

あいつ




早くrikoと一緒になりたい





離婚する・・・





と言ってた・・・

私は



どうしょう・・・



やっぱり・・・



恐いよ・・・もうやだ〜(悲しい顔)



私は離婚という行動に出れなくて

どうしたらいいのか怯えていた



離婚って簡単に言うけど



そんなに簡単じゃないよ・・・



その頃 あの奥さんがまた問題を起こしたのだった




あいつの奥さんが近所の仲の良い友達に




家の旦那 浮気してるらしいのよ〜〜




しかも相手は○○さんなのよ!!!




と言いふらしていたのだった



やっぱり恐ろしい奥さんだ・・・




当然 噂は火のように回っていった

私の友達もそれを聞いてすぐに奥さんに抗議しにいった



旦那の浮気をよその人に言うなんて




それはおかしいんじゃないの???





そうだ!!そうだ!!





そんな事したら旦那さんの




立場がないんじゃない!!!




近所でそんな噂が回ったら




なお更 旦那さん帰ってくるのが




イヤになるんじゃない




帰ってくる場所を作ってあげなきゃ




旦那さんかわいそうだよ




離婚するのがイヤなら腰をすえて




家に帰って来るようにするのが




妻の役目じゃないの???




戻ってきて欲しいなら




相手の女より




もっとやさしくしてあげれば??




そしたら きっと奥さんの方に




向いてくれるんじゃないの!!





さすがだ!!!





友達の言う事はごもっともだと私は関心した

奥さんは友達に言われた事が

当たってるだけに何も言えなかったらしい

それでも奥さんは認めたくなくて




あいつの浮気がすべて悪い!!




あの女も悪い!!




私は悪い事を何一つしてない!!




と言ったのだ

あいつが浮気した原因は

奥さんの事もあったのに




私は全然悪くない!!




全部 あの女が悪い!!




私の事を責めていたのだ



確かに浮気はよくない事だよ・・・




でも奥さんのあいつに対する態度や

行動が積もり積もってあいつ

浮気に走っってしまったのが現実だ



奥さんは自分の事をわかっていなかった



奥さんの怒りはおさまらなかった



浮気の話はどんどん広まり

私は外に出るのも人目が

気になるようになってきたのだった

posted by riko at 17:01 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月13日

あいつVS旦那

あいつと旦那が会う事になった

狭い町なので どこで誰が見てるかわからないので

二人は市街地まで足を運んで会う事にしたのだ



あいつの方が先に来ていた



旦那が後から来る・・・



すごい光景だよ・・・



旦那が一言・・・




どうするつもりだ!!!





と吐き捨てるようにあいつに言った

あいつは一言・・・





俺は嫁さんと離婚して





rikoと一緒になるつもりだ!!!





すっ








すっ
















すごい事を旦那に言ったのだ!!!



浮気相手の旦那に



あんたの嫁さんと一緒になりたい!!!



と言ったのだ・・・



あいつは本気で私と一緒になりたいと

旦那に訴えたのだ

あいつの気持ちは本当だった・・・




私とは単なる浮気じゃなくて



本当に一緒になりたいと思っていたのだ



私はあいつが旦那に言ってくれた事が

嬉しかったし 本当に一緒になれたら・・・

と心のどこかで考えてたのだ

本当に狂っているとしか言いようがない・・・


旦那はあいつ



私と一緒になりたい!!!





と言われて何も言えなかった・・・

というか あっけにとられていたのかもしれない・・・

旦那はまさかあいつがそんな事言ってくるなんて

思ってもみなかったので



旦那自身のプライドが切り裂かれた



旦那としての立場が崩れ落ちた



黙っているのが旦那のプライド・・・



何も言わずそのまま帰ってきたのだ

旦那は帰ってきてから何も言わなかった

私も何も聞かなかった

それから旦那は私に対して妙に優しくなり

開き直ったようだった

私も普通にしていた

どこからみても浮気がばれた夫婦には見えない・・・

普通の夫婦になっていた
posted by riko at 16:25 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月12日

旦那の反撃・・・

旦那にとうとうあいつの名前を言ってしまった

おまけに電話番号まで言ってしまったのだ・・・




旦那はどうするつもりなんだろう・・・



こんな事になってもまだ私の事



好きなのか??



旦那の気持ちが私にはわからなかった・・・



怒られて殴られても仕方がないと思って

私はあいつの事をばらしたのに・・・

私を責めるがあいつにも腹をたてているのだろう・・・

当たり前だよね・・・


あいつに連絡しなきゃ・・・

私はすぐにあいつに話をした




旦那に全部 話してしまったよ・・・





ごめんね・・・





いいよ!!





いずれは ばれると思っていたから





旦那から電話がかかってきたら





どうするダッシュ(走り出すさま)





なんとでもなるさ





電話がかかってきても心配しなくていいから





わかったわ・・・





心配しなくてもいい!!


なんて言っても


心配だよ・・・


それから何日かたって

旦那はとうとうあいつに電話したのだった



おまえ一体どういうつもりなんだちっ(怒った顔)




人の嫁さんに手出して




子供も同級生なのに




自分のやった事がどういう事か




わかってるのか!!!




どうするつもりなんだ!!!




あいつ




電話で話をしてもダメだから




会って話をしたい





と言ったのだ

すごい展開になってきた・・・

私はあいつと旦那の間に挟まれて

この先どうなるのかと不安になっていたのだった

そしてあいつと旦那が会う日が決まり

二人はとうとう会う事になったのだ・・・

posted by riko at 15:02 | TrackBack(0) | 旦那の話

2005年10月11日

離婚の話合い・・・

離婚exclamation×2





旦那が離婚しようって言ってきた・・・



なんて私は答えたらいいんだろう・・・



黙っていた・・・



旦那も何も言わない・・・



旦那は私に離婚しよう!!と言えば

私があいつと別れると思いカマをかけてきたのだ

そのまま旦那は何も言わず怒って寝てしまった・・・

私は旦那がいなくなった部屋で一人 考えてた



離婚かあいつと別れるか・・・




涙があふれる程出てきた・・・



涙が止まらない・・・



おさえようと思っても



次から次と涙は出てくる



私の涙が止まらない理由は



離婚より



あいつとは別れたくなかったから



泣いていたのだった・・・



本当にバカな話だ・・・



次の日 子供が学校に行ってから旦那と二人の話し合いになった

旦那は




相手が誰なのか言ってみろ!!





と言ってきた

どうせプライドの高い旦那だから

あいつに会う事なんてしないと私は思っていた

ここまできたらウソついていても仕方がないと思い

私は正直にあいつの名前を言った




なんて事してくれたんだむかっ(怒り)





自分のしてる事を分かってるのかexclamation×2





分かってるよ・・・



でも気持ちがもうあっちにいってるんだよ・・・



と私は心の中で言っていた




あいつのどこがいいんだ





そんな事聞いてどうするんだよ



言ってもいいの??





黙っていたら




言ってみろどんっ(衝撃)





と今までになく怒ってきた




なんでも言葉に出して褒めてくれるとこよ




あなたと一緒にいても




今まで何か褒めてくれた事があるむかっ(怒り)




御飯を作って おいしくても何も言わなくて




味がおかしい時しか文句を言わない人でしょ




私は逆切れしていた




旦那はやはりプライドが許さず私からそう言われ黙っていた




わかったよ・・・




これから俺も気をつけるようにするよ




で、で、で、離婚の話はどうなったの???





旦那は離婚の話はそれっきり出してこなかった


やっぱりカマをかけてきたんだ



あいつの名前まで聞き出して



私はいらだっていた

旦那は




あいつの電話番号教えろ!!





と言ってきた




なんで???




電話してどうするつもりか話をする




いいから教えろ




どうしょう!!





それでも

私は旦那よりあいつの方を頼っていたのだ

あいつならちゃんと話をしてくれると思い

旦那にあいつの電話番号を教えたのだった
posted by riko at 15:20 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月10日

吾郎ちゃんのドラマ・・・

余談ですが・・・

今日の吾郎ちゃんのドラマ泣けました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

最初から号泣でした・・・

私的には

吾郎ちゃんが葬式用の写真を妻に撮ってもらう所で

声を出す程の泣きにはいりましたたらーっ(汗)

本当に目がはれる程の号泣です・・・

最後の指輪を渡す所も感動!!!

またまた涙を誘う・・・

涙が後から後から止まりませんでした・・・

明日の仕事・・・

目がはれて大丈夫か心配な程

泣きました・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
posted by riko at 23:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | rikoの余談

旦那の一言・・・

旦那が後ろからついてきてた・・・・・



いつからつけてきたんだろう・・・




私はあいつからの電話で

旦那が後ろにいたなんて全然気がつかなかった

旦那は仕事のはずなのに

どうして??


タイミングが悪く 私は旦那が帰って来る時間に

私も帰ってきたのだった

車からなかなか降りられなかった・・・




でもすぐに降りなきゃ怪しいと思われる・・・




降りなきゃ・・・




車から降りて知らん顔して家に入った

家に入ったら子供達が待っていた




「おか〜〜〜さんかわいいお帰り〜〜〜」





子供達の顔を見ると私も母親に戻る・・・



さっきまでの情事がウソのようだ・・・



私はまた自己嫌悪に陥る・・・たらーっ(汗)



旦那は2階に行って着替えていた

私も着替えに2階に上がった



ここは勝負だパンチ




何を言ってくるか私はウソを突き通すしかない





どこに行っていたんだむかっ(怒り)





やっぱりそうくるか・・・




どこって同窓会だよ





じゃあ どうして反対方向から





帰ってくるんだexclamation×2





男と会っていたんだろう!!




会ってない!!




ウソつけ




会ってたんだろ!!!




会ってないってexclamation×2





二人の会話は平行線だった




相手の男はどこのどいつだ





なんでそんな事まで聞くんだ



聞いてどうするんだよ・・・



近所のあいつなんて知ったら



どうするつもりなんだろう・・・



もう頭の中がグチャグチャになっていた





とりあえず子供も起きてる事だし

その場はそれでおさまった

子供が寝静まってから旦那の攻撃が始まった




一体 今日はどこに行っていたんだ




どこって 同窓会に行っていたんだって





何を言われても こう答えるしかない・・・




どうせ ウソついて男と会っていたんだろう





旦那はもう完璧に疑ってる



めんどくさくなってきた



ウダウダ言われるのが



うっとおしくなってきた




そうよ!!男と会ってきたのよ





私はまた言ってはいけない事を言った




やっぱり・・・





そう言って沈黙になった




もう離婚しよう・・・





旦那は私に吐き捨てるように言ったのだ




離婚・・・・



posted by riko at 00:04 | TrackBack(0) | 旦那の話

2005年10月09日

昼間のデート・・・

二人で1日中一緒にいたい・・・

そう思って私とあいつは休みの日に会う事にした

日曜日の朝からデートするという訳だ



ぴかぴか(新しい)嬉しいぴかぴか(新しい)





あいつは奥さんに疑われながら 出張に行くと行って出てきた

奥さんは




今まで出張なんて一度もなかったのに




なんの出張なのよパンチ




女と会うのかちっ(怒った顔)




と言われたらしい



まさにストライクゾーンだ・・・




それでも私に会う為に無理矢理出てきた

私は実家が県外なので

旦那と親には




実家で同窓会があるから行って来ます・・・





とみえみえなウソを言って出てきた

旦那は




男と会うんじゃないのか??





と私もあいつと同じく



ストライクゾーンをつかれた





本当に同窓会よ





何でも理由をつけるとわざとらしいので

それ以上何も言わずに出てきた

旦那はその日は日勤の仕事だったので旦那が出て行ってから

私もすぐに家を出た

高速のインターの駐車場で待ち合わせして

私の車で私の県外の実家の方に向かった

今日1日あいつとずっと一緒にいられるかと

思うと嬉しくて嬉しくてたまらなかった

昔 旦那と出会った時も


こんな気持ちだったんだろうな・・・



結婚してまたこんな気持ちになるなんて



恋する気持ちって忘れていた・・・



でもこれっていけない事だよね・・・



いけない事だからやめなきゃいけないのに

私はあいつ


恋する気持ちを再び私に与えてくれた



とプラス思考に考えてた

やっぱりあの時は

頭がおかしくなっていたのかもしれない・・・


車の中で会話も弾む

知り合いの誰にも会わない県外に行って

買物しながらブラブラした



腕を組んだり 



手をつないだり 



プリクラなんか撮って



いい年の二人が恋人同士のように



はしゃいでいた



それでも時間なんてすぐに過ぎてしまった・・・

帰る時間が段々迫ってきた

あいつはそのままホテルに入った・・・




二人はまた肌を重ねた・・・





もう帰らなきゃ・・・




旦那が帰ってくるまでに家に帰らないと・・・




恐いよ・・・




そう言っていたらあいつの電話がなった

奥さんだ・・・




まだ帰ってこないのexclamation×2




何時に帰ってくるのむかっ(怒り)




一体どこにいるのむかっ(怒り)




あいつが答える隙もなく機関銃のように話してる・・・




まだまだ帰れない




あいつはそれだけ言って

奥さんがまだ話していたのに電話を切った

すぐにまた電話がなった



ちょっと!一体どういうつもりちっ(怒った顔)




話してる途中で電話きるなんて




おかしいんじゃないの!!




また機関銃のように話が始まった

あいつは懲りずにまた電話を切った



そしたら


また


電話がなった


奥さんも負けてない




あんたね〜〜




頭おかしいんじゃないの




私が話してるのに電話を切るなんて




あの女と一緒にいるのか!!!




あんた 騙されてるわ!!!!





もぉ〜〜〜〜



なんなの〜〜〜〜



わざわざ電話かけてきて



言う事じゃないんじゃないの〜〜



夫婦ケンカなら家帰ってからゆっくりすればいいのに

あいつは負けずに電話を切った

それから奥さんは諦めたらしく電話はならなかった

あまりにもすごい光景だったので

やっぱり噂どおりの奥さんだと痛感した

そのままあいつと私は帰る事にした

高速のインターまで行って




また今度デートしような揺れるハート





うん!!ありがとうるんるん





そう言って二人は別れた

私はあいつの車の真後ろに車をつけて家に向かって走っていた 

(近所なので帰り道は同じなのだ)

すぐに電話がなった

あいつだった

今別れたばかりなのに・・・




もしもし〜




今日は楽しかったよかわいい




ずっと一緒にいたい・・・




一緒になろう・・・




rikoと一緒になりたいキスマーク




まじだから・・・




そう言った

私は離婚と言う文字が頭の中をよぎった

そのまま電話を切って家に着いた





そしたら











すぐ
















真後ろから



























な・・・
















なんと







旦那の車がついてきてたのだった


posted by riko at 10:26 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月08日

昼間の密会・・・

あいつの奥さんにばれた・・・




どうしょう・・・





とりあえずあいつに連絡しなきゃ・・・




奥さんにばれたよもうやだ〜(悲しい顔)




私の事も知ってるみたい・・・




あいつ




大丈夫だよ!!なんとかなるさ!!!




家に帰って奥さんに何か言われても




私の事なんて知らないって




ウソをつき通してよね




奥さんに実際 


二人で会っている所を見られた訳じゃない


証拠は


あの紙切れ2枚だけなのだ


ここは


ウソをつきまくるしかない




あいつと話をして電話を切った



これからどうなっていくんだろう・・・



私は後戻りできない所まできてしまっている・・・



こんな危ない目にあっていてもあいつと私は

会いたくて揺れるハート 会いたくて揺れるハート 仕方なかったたらーっ(汗)

奥さんに私だと疑われていたのにもかかわらず

それから数日後に私はあいつに会いに行った

夜だと 奥さんに尾行されると思い

あいつと私は昼間に会う事にしたのだ

おバカな二人だ・・・


私もどちらかといえば夜より昼間の方が出やすかったので

すぐに会いに行った

あいつは仕事を途中で抜け出し

昼間からホテルに直行したのだった

私は奥さんにばれてあいつを奥さんに

渡したくないという感情がでてきた・・・

奥さんに



あなたより私の方がいい!!




もっともっとやさしくしてあげて



あいつには私しかいないんだ!!



と あいつに思わせてやるわっ




まるで愛人の気分だ・・・






ホテルに入るなりkissの嵐・・・

あいつも抑えきれなくなっていた

そのまま一緒にお風呂に入って

髪の毛も体も洗ってあげた

あいつ




いいな〜〜〜黒ハート




王様の気分だ!!!




嬉しい??




と私が聞くと



もちろん 嬉しいに決まってるだろわーい(嬉しい顔)




奥さんは一緒に入ってくれないの??




一緒に風呂入った事なんて




1〜2回くらいしかないよ




そうなんだ・・・
 



と私は言ったが心の中では



入った事あるのか・・・



イヤだな・・・




と思ってまたまた対抗意識がでてきたのだ

それからそのままベッドにGOexclamation×2

揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート




何回あいつと寝たのだろう・・・



もう数えきれない程


あいつと肌を重ねてきた


旦那のSEXよりあいつとのSEXの方が


私の体が答えていた


体が合っているという事はあるもんだと


私は感じていた



昼間の密会はやっぱりあっという間に時間は過ぎた

あいつと一緒にいると時間が過ぎるのが早い




もっともっと長い時間一緒にいたい!!




どこか一緒に行きたい!!




二人はそう考えていて

今度休みの日に朝から出かけよう!!と

約束したのだった


posted by riko at 10:58 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月07日

待ち伏せと2枚の紙切れから・・・

その日 私とあいつはいつもの密会をしていた

もう私の心も体もあいつの物になっていた

体が自然にあいつと一緒になりたがっていた

会う度に体を重ねていた揺れるハート

体の相性ってあるもんだと私はその時わかった



あいつにどっぷりとつかっている感じだった




奥さんはあいつが帰ってくるのを待ち伏せしていた

帰り道は1つしかないので

(すごいいなかなので国道を通って帰ってくるのだ)

絶対その道から帰ってくると

予想して待ち伏せしてたのだ

私とあいつあいつの家を

通り越して反対方向で密会をしていたので

奥さんが待ち伏せしていた場所を

通らずあいつは家に帰った

とりあえず奥さんには二人でいる所を見られずに

すんだが それが奥さんには




待ち伏せしてた場所を




通らずに家に帰るなんて




絶対おかしい!!




と思われたのだたらーっ(汗)




ごもっともだ・・・



私も妻だったらそう思う・・・



その待ち伏せしてた場所を通らずに帰ってきた事が

奥さんには




近所の女じゃないか??





とばれていくはめになってしまった


友達がまた奥さんに相談された




絶対 近所の女だ!!





近所じゃない女なら絶対あの道を





通って女を送っていくはず!!





ちょっとわかりにくいかもしれないけど

とにかく奥さんはあいつの浮気相手は

近所の女だと断定してきたのだ




ビンゴ〜〜かわいい





なのだ!!!!!





奥さんは友達にあいつがちぎって捨てたはずの

旦那の勤務表の紙切れを見せた




これってなんだと思う??





何??それ??





友達はわかっていたけど 奥さんがどう出てくるか聞いた




なんか勤務表みたいな感じなんだけど




これって夜勤とかが書いてある思わない??




するどい・・・



さすが妻の勘か??



まさにその通りなのだ



夜勤の仕事してる旦那さんがいる人って





○○さんかな??





ものの見事に当たってる・・・



私の事を浮気相手と言ってきたのである




友達は




そんな夜勤してる旦那さんなんて




まだいるんじゃないの??




と突っ込んでみた

そうすると

そうすると・・




保育園時代のあの私が書いた紙切れを出してきたのだ




これって○○さんの字なのよ




この字のの数字見て




この勤務表のの数字と




同じだと思わない??




と言ってきたのだ!!!




恐い・・・




やっぱり恐すぎる・・・




それを見せてもらった友達は

どう見ても同じ字だったのでウソでも違うとは言えなかったのだ・・・




そうだね〜〜





と 友達はそう言うのが精一杯だったらしい




絶対○○さんだよ!!




あの女が家の旦那をそそのかしたんだ!!





○○さんからあの女に言い換えられてしまった





旦那は女になんか全然興味がないのに




そんな事するなんて絶対ありえない




と すごい剣幕で言ってきた

友達は私の事を言われむかついたらしく反撃してくれた




でもね〜!!ちゃんと旦那の事




みてあげてた??




近所の人に旦那の悪口言って回って




御飯も作らなくて 旦那の事ほったらかしに




してたんじゃないの??





さすが〜ぴかぴか(新しい)やるな〜〜ぴかぴか(新しい)





そう言われて奥さんは何も言えなくなったらしいが

すぐに



それと浮気は別だ!!




でもね!!やっぱり奥さんがそんなんじゃ




旦那も外に目がいくんじゃないかな〜〜




これからどうするつもり??




私は絶対 離婚はするつもりはないわ




子供もいるし 絶対離婚はしない!!!




そうだったらもう少しちゃんと




旦那の事見てあげて




家の事もやらなきゃね




と 友達は奥さんに言ってやったのだ

それからすぐに友達から電話がかかってきた




rikoちゃん!!




ばれてるよ・・・




相手がrikoちゃんって事もわかってるし




やっぱり奥さん ただ者ではなかったよたらーっ(汗)




あいつの浮気相手が私だったと言う友達の電話で

私は動揺してしまい





うそ!!!






と言うのが精一杯だった・・・



posted by riko at 16:04 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月06日

紙切れ・・・

やっぱりあいつの奥さんは変わってる・・・




日記帳に髪の毛・・・




の話を聞いて恐ろしくなった


あいつにすぐその話を伝えた




奥さん 事細かに




日記をつけてるらしいから




ちゃんと気をつけてよ!!





大丈夫だって!!





なんて無用心なんだ!!

ばれるのは困るでしょ!!!




しっぽをつかまれないように




しなきゃいけないんだよ




と何度も口うるさく言った


私とあいつの奥さんは

子供も同級生なので何度か話をした事がある仲だった

子供が保育園に通っている時に一緒に役員をした事もあった

奥さんが会長をしてて私が役員だった

その時に私の町内の保護者から何かのお金を集めて

あいつの奥さんに渡した事があった




○○町  ○○人分  ○○○円





というように紙に書いて奥さんにその紙切れとお金を渡したのだ

その紙切れ1枚をなんと奥さんは大事にとっておいてあったのだ

随分 前の事なのでまさかあいつとこんな風になるなんて

思っていなかったので私はその紙切れの事

なんてすっかり忘れていたのだ

というか そんな何年も前の紙切れなんてすぐ捨てるだろう・・・


それでもあいつとの密会を

続けていて 何度も何度も夜抜けをしていた

私の旦那の勤務がわかるとあいつ

カレンダーのように書いて渡してあげた

その紙切れもあいつ




絶対 奥さんに見つかったらダメだからね





と釘をさしておいたのに・・・

あいつ

あいつは・・・




ヘマをおかしたのである





あいつのポケットに紙切れが入っていたのを

奥さんは見つけたのだ




これは一体何??





あいつはそう言われて




なんでもないダッシュ(走り出すさま)





と言って勤務が書いてある紙切れを奥さんから

取り上げちぎってゴミ箱に捨てた

その場はそれでおさまったらしいがそこから

奥さんの反撃が始まった

あいつが寝静まってから その紙切れを

ゴミ箱から拾い集め ちぎった紙切れをつなぎ合わせて

大事に



あの・・・





例の・・・





日記帳に





貼り付けたのだ・・・






後でその




勤務表の紙切れ









保育園時代の紙切れ





がばれてしまう道具になるのだった・・・
posted by riko at 16:26 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月05日

変わり者の奥さん

友達にあいつの奥さんの話を聞いて




やっぱり・・・





と 私は思った・・・

友達は




あんまり夜会うと危ないかもよ




あの奥さんちょっと変わってるから




何するかわからないよ・・・




そうなのだ

あいつの奥さんは近所でも

有名な変わり者なのだ

あいつの親と最初は暮らしていたのだが

我慢できず離れに家を建ててもらい

あいつは奥さんと子供と離れで暮らしていたのだ

あいつの親の事を




じじぃむかっ(怒り)





ばばぁむかっ(怒り)





呼ばわりして近所の人に悪口を言い回っていたのだ

あいつも間に挟まれ自分の親の悪口を言われ

イヤな思いをしていたのだ


肉も魚も嫌いでろくに料理も作らない

一度 私がこんな事を聞いた事があった




冬になると鍋とかしないの??





するよ!!





でもしゃぶしゃぶなら肉入っているのに





どうするの??





だから最初に自分だけ野菜を食べて





子供と俺が最後に肉を食べるんだよ・・・





工エエエエェェ(;゚Д゚)ェェエエエエ工





先に肉を入れると肉の匂いがして

イヤだから自分だけ先に野菜を食べて

最後に肉を食べるという鍋なのだ




そんなの変だよ・・・



絶対・・・



あいつの奥さんは

カァーーとなったらヒステリックになり

ケンカするとすさまじいものだったらしい

あいつと二人で密会していても携帯電話が

何回もなる始末・・・

その声が離れている私にも聞こえるくらい怒って

電話がかかってくるのだ

あいつの事も子供には




お父さんみたいになったらダメよ〜〜





と子供に言っているのだ

あいつの事をないがしろにして




給料さえ入れてくれればいいわ





と近所に言いふらしていた

当然夫婦生活もあまりなし・・・

そんな結婚生活だったのであいつもことごとく

疲れてしまっていたのだ

そんな時に私に声をかけて

優しくしてもらいあいつは恋に堕ちていったのだ揺れるハート

友達は




あんな奥さんだから




女ができても当たり前だよ




ってきっと近所の人は言うよexclamation×2




私もそう思う・・・



とりあえず気をつけなきゃダメだよ




尾行とか考えてるみたいだし




あとあいつの携帯も




今までほったらかしだったのに




どこ行くにも持ち歩いてるってexclamation×2




なんて事だ・・・

私と同じじゃないか!!




あと日記をつけてるらしいよ




日記exclamation&question




日記って何??




だから毎日何時に帰ってきて




朝は何時に仕事に行くとか




昼間に電話したら話中とか




細かく時間まで書いてあったわ




それ 見たの??




見せてもらったよ 





友達は私に教えてあげようと思い

あいつの奥さんの日記を見せてもらったのだ

それがすごく細かく鮮明に書いてあったみたいだ




携帯の電話帳も全部控えてあったわ




車の中もちゃんとチェックして




自分と違う髪の毛があったから




その日記に髪の毛が貼り付けてあったよ・・・






恐い・・・




恐すぎるよ・・・ふらふら




posted by riko at 15:49 | TrackBack(0) | 奥さんの話

2005年10月04日

あいつの気持ち

ウソを重ねていても もちろん旦那は怪しいと

ずっと疑がっていた

旦那に何も言われないのをいい事に 

私はあいつに突っ走っていた・・・

あいつの奥さんもかなり疑っている

状況は悪い方向に向かっていたバッド(下向き矢印)

あいつも家に帰ると奥さんに毎日攻められていた




一体どうしてこんなに遅くなるのどんっ(衝撃)





パチンコしてるんだよexclamation×2





そんな時間までパチンコしてるなんてどう考えても




ありえな〜〜いダッシュ(走り出すさま)





あいつも私と同じでウソを繰り返していた

今度 私のウソがばれて

旦那に何か言われるとしたら




離婚しよう・・・





と言われるだろうな・・・と思っていた

離婚したら子供達はどうなるんだろう・・・

私がお腹を痛めて産んだ子供を手放すなんて絶対イヤだ

やっぱり離婚するなんて子供がかわいそう・・・

学校の事や世間体の事を考えると

頭が痛くなってきた




やっぱり・・・





だめだ・・・





私は少し冷静になろうと思っていた




なのに・・・


なのに・・・





あいつ




離婚して一緒になろうかわいい





と言ってきたのだ

あいつの家庭が上手くいってなかったのは事実だ




子供もいる事だし 今は我慢して一緒にいる





離婚しようと何度も思っていた





と そう言ってきた




離婚して私と一緒になる・・・





子供はどうするの??




みんな引き取って




みんなで暮らせばいいじゃないか





何寝ぼけた事を言ってるんだろう

子供は同級生同士なのにそんな事絶対無理だよ

男の考えは浅はかだと私は呆れてしまったのだ



私と出会ったから離婚しようと



思ったんじゃないの??



私と出会わなければ離婚の文字は



出てこなかったんじゃないの??



私は引き金になってしまったの??



それとも引き金じゃなくて



私はあいつが離婚出来るようにする



渡し舟なのか・・・



頭の中は悪い方 悪い方に考えていた

そりゃあいつとコソコソ隠れて会わなくて 毎日一緒にいられたら

それはそれで楽しいに違いないけど

お互い家庭を持っているのに




離婚して一緒になろうexclamation×2





なんて障害がありすぎる・・・

私はしばらく時間をおこうと思っていた




それでもあいつの考えはこれからも



ずっと・・




ずっと・・・





ずっと・・・






かわらなかった







その頃私は仲が良かった友達に




最近あいつの奥さんから





よく相談されるのよふらふら





と言われたのだ

私は




なっなっなんて??





最近 旦那が帰ってくるのがあまりにも遅くて





女がいるんじゃないか!!





って・・・

友達はそれから

私とあいつの奥さんとの間に挟まれて

私に情報を流してくれるスパイになっていくのだった


posted by riko at 16:41 | TrackBack(0) | あいつの話

2005年10月03日

ウソをつく私

旦那に携帯電話を取られて私は

すぐにあいつに連絡しなきゃ・・・

と思っていた

あいつが私の携帯電話を取られたのを知らずに電話を

かけてきたらまずいよ〜〜

次の日の朝、旦那が仕事に行ってから私は電話した




もしもし・・・





旦那に携帯とられたよ・・・





携帯に電話したらヤバイからね・・・





そう言って絶対電話しないようにあいつに釘をさしておいた

しかし携帯電話がないのは本当に不便だった

あいつとの連絡が今までみたいにできないのだ



普通ならこれで家庭に戻るのが



当たり前なのだろうが・・・



私は旦那からどうやって



携帯を取り戻すか考えていたのだ




バカだ・・・





どこの家庭に自分の不始末を





旦那に話をする奴がいるのか・・・





それでも懲りずに続けようとしている・・・





それが私だ・・・






旦那に何かと理由をつけて私の元に携帯電話が

戻ってきたのはそれからすぐだった

簡単に戻ってきた訳ではない

旦那は条件を出してきた




もう相手に連絡するなパンチ





と言う条件だった




その条件を私はすぐに破った




私はあいつに電話した




電話が戻ってきたわ





そっちも奥さんに気をつけなきゃダメだよ・・・





とりあえず その事だけ伝えて電話を切った

これでまた旦那にばれたら終わりだと自分に言い聞かせていた

それでもやっぱりあいつの事が好きで好きで

しょうがなかったのだ




どんどん私のウソが増えてく・・・




ひとつのウソがばれたらきっと

ズルズルと今までのウソが全部ばれてしまうんだろうな・・・

そんな恐怖と背中合わせに

私はウソを重ねていった・・・


posted by riko at 16:39 | TrackBack(0) | 不倫の話

2005年10月01日

旦那にバクロ・・・

旦那は真剣に怒ってた・・・

当たり前だよね・・・




誰か好きな奴がいるのか??




そんなのいる訳ないじゃん!!




そう言って誤魔化すのがやっとだった




じゃあ 最近の行動は一体何なんだ!!!





それを言われると何も言えなかった・・・


黙っていると どんどんつっこまれる・・・


どうしたらいいの・・・




自分の行動が家族をバラバラにしてしまった



私のせいだね・・・




と私はつぶやいた

私の中で旦那の会話がうっとおしく感じてきた



もうどうでもいいや




すっきりしたかった





私・・・





好きな人が出来た・・・




なに〜〜〜exclamation×2




旦那はやっぱり!!という顔をしていた

実際私からそう言われてショックだったらしい




これからどうするつもりだexclamation×2





旦那にそう言われた



どうするつもりって・・・




旦那にはっきり




相手と別れろ!!





と言われるかと思ったら




どうするつもり





って・・・

どうして




別れろ!!って言ってくれないんだろう??

旦那のプライドなのか・・・



私は調子いい事思ってしまった



自分のした事を反省しなきゃいけないのに



旦那がそう言ってくれない事を



攻めてる自分がいた



それでも私はこんな状況になったのに

まだあいつの事が好きなのだ

あいつとは別れたくなかった



バカとしか言えない・・・




狂ってる・・・




自分でもおかしいとわかってた



それでもあいつとは別れたくなかったのだ



旦那はとりあえず




相手に連絡するな




と言って私の携帯電話を取り上げたのだった
posted by riko at 10:59 | TrackBack(0) | 不倫の話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。